12B4A全段SRPPアンプ・左ch残留雑音低減

12B4A全段SRPPアンプの左ch残留雑音が右chに比べて多いので、いろいろ無駄な抵抗を試みてみた。

状況把握
・入力VRを絞った状態で0.58mV(今日はわずかに増えている)
・6N2Pを左右入れ替えて0.49mV(右chの球のほうが低雑音)
・12B4A SRPPの2pin(下側グリッド)をGNDにつなぐと0.08mV(初段6N2Pで雑音が生じている)
・6N2Pの7pin(下側グリッド)をGNDにつなぐと0.32mV(RCA入力~7pinの間で少し雑音を拾っている)

これらから、左ch 初段6N2Pで雑音が発生しているとわかる。球は問題ない。レイアウトに問題があるらしい。また、RCA入力~6N2Pの下側グリッドの間で少し雑音を拾っている。

実験
・6N2PのサブプレートをGNDにつなぐ(変わらず)
・サブプレートの留めネジを増し締めする(変わらず)
・6N2P SRPPまわりの再ハンダ(変わらず)
・6N2Pの8pin(下側カソード)を220μFでGNDにつなぐ(0.68mV)
・RCA入力にショートピンを挿し、入力VRを回してみる(0.53mV~0.58mVで変化する)
・入力VRの中央端子をGNDへつなぐ(0.37mV)
・22μF450Vのコンデンサと並列に47μFをつなぐ(変わらず)

6N2Pの周りに浮いた金属は無く、回路接続的にも問題ない。下側カソードをコンデンサでGNDにつなぐとNFBがかからなくなるので当然雑音が増える。+B経由のハム混入は無いと思われる。

22μF450VへのGND配線及び6N2P下側グリッドへのシールド線の取り回しを変更したら残留雑音は0.48mVに減った。その後、6N2Pを別の球に入れ替え、利得が左右chで揃わないのをNFB抵抗で合わせて(姑息な手段!)、最終的に残留雑音は0.30mVまで減った。

画像


画像


参考までに回路図を掲載。
画像


まだ本質的な雑音の原因がつかめていない気がするが、実用上問題ないし、ヘッドホンを使うわけではないからこれで良しとしよう。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック