6N6P直結パラシングルアンプ・シャーシ加工

今回は6N6P直結パラシングルアンプのシャーシ加工。


画像

一番面倒な電源トランスの角穴からスタート。まず、ドリルで角に穴を開け、ステップドリルで10mmφまで広げる。その穴にコッピングソーの刃を突っ込んでギーコギコ。フリーウェイの名前が示すとおり、どの方向にも切れるが、真っ直ぐ切るのが難しい。ナメクジが這ったようになってしまう。要は慣れだろうか。切れたら、今度は平ヤスリで削って寸法穴に合わせる。ここまでで一仕事。


画像

電源トランス、ACインレット、ロッカースイッチの角穴が開いたところ。角穴はこれで完了。


画像

全ての穴開けが終わったところ。放熱穴は部品取り付け後でも直接見えるため、極力位置がずれないように注意していたが、一番初めに開けた右側の放熱穴がずれてしまっているのがわかる。

十字になったけがき線の中央にくぼみを付けるには、私はキリを使っている。センターポンチは、私にはなぜか真ん中に打てず、ずれてしまう確率が高いからだ。次に3.2mmのドリルで穴を開けてみたが、0.5mm位簡単にずれてしまう。そこで2mmのドリルでまず穴を開け、3.2mmに広げてみると、ずれる割合は少なくなった。

それでもずれてしまったら、丸ヤスリで削って合わせる。次はステップドリルで必要な穴寸法まで広げる、といった具合だ。穴開けの時間はたいしてかからないが、位置合わせとずれの修正に時間がかかって仕方がない。

沢山の放熱穴を開けるのは、さすがにめげるね。あと何個、って数えること数日。穴開けスタートから5日かかって完了。


画像

これはステップドリルで穴を広げているところ。こういう画像って、ネットで探してもなかなか見つからない。この時は下に台を置かずにやっているが、シャーシが安定しないので、後で手頃な板を見つけてきて下敷きとして使った。そのほうが断然良い。

なにしろ電動工具の経験が乏しいので、識者の方がこれを見たら、このようにしたほうが良い、という点はいくつも見つけられるだろうと思う。


画像

ホームセンターで木ぎれを買い、必要な寸法にカットしてもらった。サイドウッドが付くとこんな感じになる。

これからはシャーシの塗装と、木の加工及び塗装だ。まだまだ大変だあ。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

TK
2010年04月20日 14:46
こんにちは 本人登場は、奥さんに撮ってもらったのかな。
協力的な関係は、羨ましい。
いや三脚台かな。

こっちは、ぼちぼち手直しまたは、止まっているアンプをや
っていこうかな。
おんにょ
2010年04月21日 01:09
TKさんこんにちは。ドリルで穴開けしているところは妻に撮ってもらいました。こういうのって、男だけの世界なのかもしれませんね。
TK
2010年04月21日 07:23
おはようございます。”男の世界”:いや2~3度しか?見た事ないが、電子工作しそうな女性をデジット(大阪の部品屋)で見た事あります。また会社のお使いでの部品を買いに来ている女性は、何回も見ましたよ。

伏せ型のトランス穴:ちなみにボクは、電動ドリルの先につけるニブラーを使っています。結局ジグソーが、一番便利のような爆笑←専用の使いやすい工具を作っている。
おんにょ
2010年04月21日 09:40
TKさんこんにちは。
> 電動ドリルの先につけるニブラー
検索してみました。メタルドリソー、あるいはメタルドリカッターというんですね。でもこれで十分ジグソーが買えるオネダンですね。騒音が出るのは一緒でしょうから、年間2~3台生産ペース(笑)なら手動工具で十分です。

この記事へのトラックバック