Sentinelラジオ・掃除

今日はSentinelラジオの掃除。キャビネットからシャーシを取り出して、各パーツごとに掃除をする。

画像


キャビネットは汚れているので浴室で作業。ガラスクルーを吹きかけてしばらく置いたのち、食器を洗うスポンジでこすった。細かい所は歯ブラシで。汚れが落ちたら、シャワーをかけて水洗い。

これでわかったのは、キャビネットを再塗装している可能性があること。文字の部分に塗料がかかってしまっている。製品として売り出す時に、すでにそうなっていたとは考えにくい。また、材質はベークライトではなくてプラスチックだった。

(2010.3.21追記)
コレを見ると、塗装前から文字が埋まってしまっているのがわかるから、当初からそうだったのかもしれない。
(ここまで)

ドイトでカラースプレーと水性エナメルを買ってきた。スプレーはアサヒペンの「アースカラー」つや消し。色が一番似ていると思ったがどうだろうか。ヨーグルトの容器に試し塗りをしてみた。デジカメの画像では違いがわかりにくいが、ほぼ同じじゃないかな。

文字入れする水性エナメルは金色だが、オリジナルはくすんだ金色だ。塗り替えるとピカピカの金色になってしまうだろうが、似た色が見つからないので仕方ない。他の色を混ぜて彩度を落とせれば良いが、スキルが無い。

塗装の剥がれたところをペーパーでならし、その後スプレーしようと思う。平らになっていないと目立つから、念入りにやる必要がある。

画像


シャーシはニス塗り用のハケ、水彩用の筆、ボロ布を使って掃除をした。シャーシに錆びが無いのですぐ綺麗になった。あとはバリコンを無水アルコールで拭くくらいかな。

画像


真空管はボロ布で拭いただけ。特にメーカー名や型名の部分をこすると消えてしまうから、それなりに、適当に。出力管は50C5だった。また、整流管はSentinelではなくKEN-RADだった。たぶん、交換したんだろう。

ツマミはガラスクルーを吹きかけてしばらく置いたのちに歯ブラシで磨いた。キズの部分が白く浮かび上がってきたから、キズ消しをしないと目立つと思う。キズ消しはどうしようか。コンパウンドで磨くしか思いつかない。

(2010.3.21追記)
バリコンの動きが鈍いようだ。近所の店でベアリングに塗るグリスを買ってこようと思う。ダイアルのスリップ原因は、もしかするとそれが原因かもしれない。
(ここまで)

のんびり、ゆっくり、楽しもう。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック