6N1Pアンプ・ほぼ完成

6N1Pppアンプの進捗。12/27にようやく配線完了。段階的にチェックしながら配線していったおかげで、今回も一発動作させることができた。

画像


電圧チェックでは、トランジスタを選別したおかげか、左右チャンネル、プッシュプルの上下間で電圧が揃っており気持ちよい。

画像


これは配線中の画像。さらに配線が多くなってぐちゃぐちゃしてしまい、どうも見栄えがしない。

画像


簡単に特性を測ってみた。実験機に対して回路変更したのは出力トランスOPT-5PのP1とP2を入れ替え、2次側の0Ω側をアースしたくらい。後は回路の抵抗値が微妙に変わっているが、影響は少ないだろう。

電源トランスを内蔵したため残留ノイズが心配だったが、わずかな増加に留めることができた。周波数特性の高域が伸びているのは何故だろう。利得もDFも少し増えている。これはトランジスタを選別したためだろうか。

試聴した結果は、実験機と変わらない感じを受けた。低音がよく出るので心地よい。これは本アンプの特徴だろう。

ボリュームを最大に上げると、Lchからのノイズが増えるのは何故だろう。Rchはあまり増えないが、やはりノイズが増加している。おそらくGNDの取り回しが原因と思われるが、聴取位置では全く聞こえないので許容範囲か。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

クッキー
2009年12月30日 15:10
ほぼ完成との事、おめでとうございます。配線、見栄えがしないんですか? 僕のより遥かにきれいぽいんですけどーw。こちらは昨晩ようやくトラブルから解放され、ひとまず完成の喜びに浸っています(^^/ 出力段に移設したら問題ありませんでした。ご助言、どうもありがとうございました~m(_ _)m
おんにょ
2009年12月30日 15:36
クッキーさんこんにちは。コメントありがとうございます。今回の配線は特性に影響があるようで、見直しが必要かもしれません。
6CY7アンプ完成おめでとうございます! しばらくは完成の喜びに浸って、後で良いですからホームページにアップして下さいね。
それでは良いお年を!

この記事へのトラックバック