6N1Pアンプ・トップウッドとシャーシ

ぼちぼちとトップウッド?とシャーシ塗装の作業が進行中。年越ししちゃうかも?

画像


シャーシ塗装は下塗り用にアサヒペンのメタルプライマーを使った。このプライマー、透明なのでどのくらい塗られているのかわかりにくい。厚めに塗ってしまって液だれすること数度。以前はこんなこと無かったから、腕が落ちたのかな? それとも気温が低いせい? そんなわけでウワサのミッチャクロンを通販で買ってみた。まだ未使用。次の製作で試してみるつもり。

上塗りは右側の、いつものつや消しグレーのスプレーにした。これは細かい粉状になるので液だれとか塗りむらが生じにくい。上塗りはホコリとの戦いだ。どうしても表面にくっついてしまう。塗る前にボロ布で拭いているが、くっつかないようにするのが困難だ。着ている服のせいかもしれないね。

画像


ただ今乾燥中のシャーシ。下地の液だれの跡が残ってしまっているが、大して目立たないから塗り直しはしないよ。


トップウッド?のほうは、板をカットしてもらい、自分で穴開けした。板はニュージーランドのラジアタパイン集成材というもの。ムクの板より反りにくいようだ。木目が綺麗なのでこれにしてみた。

画像


しこしこペーパーで磨いてようやくここまでできた。この後オイルステインで着色するが、明るい色のメープルにするか暗い色のマホガニーにするかで迷っている。大きめのシャーシに真空管が2本だから、小さめに見えるようにマホガニーにするか。それともライトな感じのメープルにするか。

オイル仕上げには、冒頭の画像の右端にあった荏油というのを買ってきてある。塗り込むだけだから特別なテクニックは要らないと思うが、やってみないことにはわからない。

まだまだ沢山やることがあるなあ。

(2009.12.15追記)
結局メープル色のオイルステインで染色した。塗ってしまった後でWebを検索してみると、オイルステインの後でオイルフィニッシュの例が無いことに気がついた。オイルステインだけだと他のものに色移りしてしまうらしい。クリア系のニスを塗って保護しろ、と書いてある。

うーん、困った。これではオイルフィニッシュにならないではないか。仕方ない、方針変更だ。クリアニスでいくことにしよう。刷毛だと、跡がついてしまうので、今度はスプレーにしてみよう。油性のウレタン・クリアニスはホームセンターに置いてあるだろうか。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

とんとん
2009年12月16日 22:43
おんにょさん、こんばんは。シャシ加工までは随分と早かったのに、年越して大丈夫?。
冬眠を決め込もうとしていたのですが、お化け電源トランスとチョークコイルを頂いたものですから、動かざるを得なくなってしまいました。出力トランスの目処がつきませんが、机上であれこれと楽しんでおります。
おんにょ
2009年12月17日 00:31
とんとんさんこんにちは。6N1Pppは、いわば実験機の再現で、回路的には同じなので何とかなるかと。とんとんさんが今度作られるアンプはかなり重くなりそうですね。私のアンプの最重量のものはは2A3ppの22kgです。
とんとん
2009年12月17日 09:13
おんにょさん、おはようございます。なるほど!、のんびりさんが、理解できました。私の2A3は意外と軽いです。多分、善本さんのOPTのおかげだと思います。
計ったことはありませんが、VT224と6CA7はトランス受けの位相反転、カソードCHドライブですが、腰のためには動かしたくない重さで、二台共ラックの最下段です。今回は、PT:7.8kg、CH:3.1kgですが、OPT次第と思います。目下のところ、ドライブ方法で悩んでいます(本音は楽しんでいますが)。
OFF会の様子もモニターさせていただきます。
とんとん
2009年12月17日 12:25
忘れておりました。オイルステインの仕上げに、ウレタンニスは正しい選択と思います。私もサイドウッドや、アンプを入れる箱類。シャシ表裏の塗膜保護としても使っています。艶出しと艶消しがありますが、艶消しのほうが落ち着いた風合いが出ます(好みもありますので??ですが)。SP-BOX等は水性ニスを主に使います(タンポン手塗りです)。いずれもホームセンターで購入したものです。
おんにょ
2009年12月17日 15:04
とんとんさんこんにちは。やはり重くなりそうですね。一旦セッティングしたら容易に移動できないので、ちょっと手直しするにも勇気が要ります。
今回のウッドには艶消しのウレタンニスを使ってみましたが、見た目はオイルフィニッシュと変わりません。シロートゆえの出来の悪さがわかりにくいので良いです。以前はシャーシもウッドも艶有りでピカピカにしていましたが、だんだん艶消しに変わってきました。このほうがホコリもキズも目立たないです。
乾燥したらブログにアップします。

この記事へのトラックバック