5M-HH3アンプ・配線変更

現在わかっている問題点は2つ。1つは、たまにプチッというノイズが入ること。もう1つは左chの残留ノイズが右chよりも多いこと。

1つ目のプチノイズ対策は、AC一次配線ができるだけ他の配線と近づかないように変更した。下の画像の白くてよじってある配線がそうだ。

画像


結果は、変わらな~い! 何故かなあ。原因は別のところにあるようだ。電源トランスはケースとの導通が取れているし、もしかしたら静電シールドが無いせいかもしれない。試作機でプチノイズが出ていたかどうかは覚えていない。

別の対策としてはラインノイズフィルターを入れることだが、シャーシ内にはもう入る余地は無いし、放っておくのが一番良いかもしれない。いじってばかりいるといつまでも完成しないし。

(2009.10.3追記)
もしかしたらノイズの混入はAC100V経由でなくて、入力経由なのかな、と思った。フロに入りながら、入力ボリュームを少し絞ってみてプチノイズが出なくなれば、それが原因なのだろうと考えた。このアンプは周波数特性が高域で122KHz(-3dB)までも伸びているから、その可能性がある。(一般的には入力ボリュームを絞ると、その抵抗とシールド線等による容量でCRフィルタを構成し、高域が低下する。)

で、20分程度経過したが、まだプチノイズは出ていない。もっと時間をかけなければわからないが、これが原因だとすれば、対策は簡単だ。このアンプは利得が60倍以上もあって有り余っているし、この使い方で全く問題はない。
(追記ここまで)


2つ目の左chの残留ノイズ。ドライバートランスの入力をGNDに落として残留ノイズを測定すると、左右両chで0.2mVだった。つまり、左chのTA7368Pの出力でノイズが多いことになる。TA7368Pの出力配線をピンセットで触ってみると、ノイズのレベルが変化する。

ここで、下の画像を見て欲しい。白くなぞったところがアンプ基板へのGND配線だ。ループができているのがわかるだろう。

画像


この配線を、ループにならないように変更した。結果は、残留ノイズが0.9mVから、0.74mVまで減少した。右chの残留ノイズは0.64mVだったから、0.1mV程度の差になった。これならOKだろう。

(2009.10.4 画像追加)
画像


今後の予定は、保護用の紙を剥がし、木を載せることだ。木を固定するためのマジックテープを買ってこなければ。後はレタリングをやろうと思っている。ここまでできれば一応完成だ。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

クッキー
2009年10月05日 18:57
今晩は。サイドウッドはマジックテープで固定ですか。それはアイデアですね。6CY7PPですが、ネジで留めようと西川で買ってきたのですが、何を考えたか長さが全然足りませんでした(~~;  一応音は出ましたが、プリヒート時の電解コンの耐圧不足が気になってまだ放置状態です。

なのにプリアンプの製作に着手(笑。ヤスリがけの最中、パネルに傷を付けてしまいました・・(≧□≦) おんにょさんのように養生シートで覆う心がけがいかに大切かを思い知りましたよjavascript:putEmoji2(%22下降webry%22,%20object_id%20)・・。
おんにょ
2009年10月06日 01:23
クッキーさんこんにちは。サイドウッドでなくて、トップウッド?です。サイドウッドをマジックテープで固定すると、アンプ持ち上げた時にベリッと(笑)

電解コン、プリヒートくらいなら大丈夫でしょう。かかる電圧によっては気になるかな?

パネルは保護用のビニールが被っていないものなのでしょうか。なお、塗装済みシャーシの加工は、私には無理です。絶対傷つけちゃうから。

5M-HH3ppアンプは完成しましたが、天気が悪くて撮影できません。だからブログの更新もまだです。
クッキー
2009年10月06日 11:02
そうかトップウッドでしたね。失礼。
耐圧オーバーは50Vちょっとなのでただちに白煙を上げる程ではないですが、ストレスかなぁ?と思いまして。

パネルは黒のヘアラインで青いビニールが被っていたのですが、削りかすが隙間に入り込むので剥がしてしまったんですよ(><)。どうにか文字入れでごまかそうかとw。

おんにょさんらしいこだわりですね、天気が悪くて写真撮れないなんてw。全貌をあらわにするのを楽しみにしてます!
おんにょ
2009年10月07日 12:02
写真抜きでブログは書けているんですけどね。毎日毎日雨ばっかり~~~~

削りかすが詰まるところはビニールをニッパーでカットしてしまえば良いですよ。

ゼロバイアスでパワードライブする6Z7Gをこの回路で使ったらどうなるか、いま非常に気になっています。
クッキー
2009年10月07日 15:05
以前、ポジティブグリッド管の6AC5GTは興味があったのですが入手難で、調べるうちにナイジェルさんのHPで6Z7Gを知りました。G管の姿態はナイスですね!カーボンスートが濃過ぎると中が見えませんが・・。

何故か未使用のSANSUI ST-31が2個あるんですが、使い道が分かりません(^^; もしよろしければ差し上げますんで。
おんにょ
2009年10月07日 20:44
早速クラシックコンポーネンツに行って6Z7Gを買ってきました。売り場のあちこちにあって、1本600円~1500円といろいろです。カーボンスートのないやつもありますよ。後日ブログに載せます。変換プラグを作ろうと思ってMT管用7Pプラグを探したのですが見つかりません。以前はシオヤ無線にあったのに。OPTと電源トランスも購入しましたので、試しにバラックで組んでみますか。

この記事へのトラックバック