0-V-2ラジオ・部品集め

唐突であるが、真空管ラジオを作ろうと思う。ウェブリブログでそのようなテーマを探してみたが見つからないので、そのままオーディオで続けさせて頂く。テーマから外れるがご容赦。

というわけで、実家から部品を持ってきた。これらは私が子供の頃、ラジオやアマチュア無線に興味があって部品を集めたものの、結局作らないままデッドストックになっていたものだ。これらの部品を活用して真空管ラジオを作りたい。

画像


並4用トランス、バーニアダイアル、バリコン、真空管は6BM8、並4コイル。このうち並4コイルは使わずプラグインコイルを使用する。考えているのは0-V-2だ。真空管は他に6AU6と6X4を、プラグインコイルは2本入手済み。

いわゆる通信機スタイルとするが、前面パネルとシャーシを固定するアルミ板が加工できない。万力すら持ってない。じゃあどうしようかということで少ないアタマをひねった結果、サイドウッドを使用することにした。受信機を本箱でサンドイッチしたようなデザインとするわけだ。

下の写真が主要部品を置いてみたところ。あくまでイメージでしかないのでピンぼけだ。まだまだ変わる可能性がある。

画像


果たして完成するか、それとも途中で挫折するか、あるいは別のものに興味が移ってしまうのか。あまり期待しないでね。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い 面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 通販で真空管

    Excerpt: 真空管通販真空管は、真空管でアンプを作る方、真空管でラジオを作る方にとってはなくてはならない部品のひとつだ。(真空管のアンプキットや真空管のラジオキットなどもあります。 )真空管を通販で購入するのにオ.. Weblog: 真空管通販で自作アンプ・ラジオ racked: 2009-02-01 13:07