6922差動ラインアンプ・その2

昨日に続いてデザイン検討と回路設計。
デザインはこんなかんじになる。タカチのケースに合うデザインのツマミはないかなあ?

画像


回路設計は、あちこちからパクってきたのでこんな感じになった。まだ設計段階なのでミスがあるかもしれない。回路変更もあるだろう。6922のヒーターはLM337Tによる定電圧電源とし、-Cを供給するのにも使用する。

画像


この差動アンプの+Bに含まれるリプル電圧は0.01mV以下が要求される。
ブリッジ整流を経て100uFに入るところの電圧は約210V、リプル電圧は約1V。(負荷抵抗約11KΩ)
+B出力から150Ωと100uFのCRフィルタによるリプル低減率は0.1(10%)

だから、Trリプルフィルタのリプル低減率は0.0001(0.01%)以下が要求される。
ExcelによるTrリプルフィルタのリプル低減率は0.0001(0.01%)だから、要求を満たしている。

画像


画像


ちなみにExcelはこちらにあり↓
http://briefcase.yahoo.co.jp/bc/onnyo01/lst?.dir=/5a05&.order=&.view=l&.src=bc&.done=http%3a//briefcase.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック