SV-VT25改造案・その6

画像

画像

今日、CR部品を買ってきて6FY7初段~カソードフォロアだけのバラック配線で実験してみた。
利得は計算値44.9×0.9=40.4倍に対し、実測45倍でOK。片CH動作で+Bが高めなので、実際の利得はもっと低めになるだろう。
6FY7sec2のカソード電圧が24Vの設計値に対し、実測16Vしかない。これではVT-25のIpが減ってしまうので、VT-25のカソード抵抗を減らす必要がある。

前回の懸念点の実験結果
(1) カソードフォロア段がこれでVT-25を振れるかどうか。
→実測206Vp-p(at 1KHz)で振り込めるので問題無し。[本当かなあ?]
(2) 6FY7x2のヒーター電流2.1Aがトランスの6.3V端子に対して余裕あるかどうか。
→2.25Aの時実測6.6Vで問題ないと思われる。
(3) カソードフォロアによるf特への影響。
→10KHz矩形波のカソード波形は画像のとおり。実際は容量が増えて波形がなまるだろう。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック