ラインアンプ

画像

MJの2008年3月号に845ラインアンプが、ラ技の2008年3月号に3A5の
ラインアンプが載っている。それぞれ直熱管を使ったのが共通点で
真空管自体はえらく違う。

私は7C5のラインアンプを製作して常用している。これはMJの2006年
1月号に載っていた松並氏のラインアンプを元にしたもの。ただし
電源トランスにTANGOのPH100Sを、真空管は6V6の代わりに7C5、GZ32
の代わりに5AZ4を使っている。真空管はそれぞれロクタル管だ。

画像を見るとまるでシングルパワーアンプみたいだが、ラインアンプ
なのである。

ラインアンプの効用は何か。
途中に何も挟まないほうが良いという考えもある。ラインアンプを
入れることで確かに雑音が増加する。
このラインアンプの利得は2.3倍程度あるので、パワーアンプの利得
が低くても大丈夫、という点で利用価値があると思う。

ソフトンのModel6と聴き比べる機会があった。例えて言うなら、Model6
は液晶でアニメを見ているよう、7C5ラインアンプはトリニトロン管で
映画を見ているようであった。7C5ラインアンプは音色に「艶」が
あって良いと思った。

無色透明のほうが良いという考えもある一方、真空管で着色したほうが
美しいという考えもあっていいと思う。

個人的には、LPを聴かないのなら、ラインアンプを挟んだほうが良いと
思っている。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック