完成させる喜び

初心者にとって、作ったアンプやラジオが鳴った時の喜びは何者にも代え難いものがある。

私は中学生時代にアマチュア無線部に入っていた。部には勉強班と製作班というのがあって、私は製作班に属していた。エレクトロニクス工作でピーブー鳴るものを作ったりしていたが、無謀にも真空管ラジオに挑戦したことがある。

6BM8と5M-K9を使った2球ラジオである。少ないお小遣いでは部品が買えず、真空管テレビから外した部品を使ったりしたが、トランス・シャーシ・真空管・バリコン・並四コイルはどうにもならず、通信販売で取り寄せたのだった。

部活動の時間を使って組み立てたのだが、電源スイッチを入れてしばらくすると、ぶ~んという大きな音しか出なかった。悲しいかな、中学生の知識では実体配線図を元に組み立てることが出来ても、ちゃんと鳴らなかった時の確認の仕方まではわからなかったのだ。

いくら確認してもわからず、ついに電器屋さんのお世話になってしまった。原因は、Lラグの真ん中を配線に使ってしまったことだった。真ん中はシャーシに接続されてアースされるので、通常使ってはいけない端子だったのだ。

自分で完成させることができなかったので、今でも記憶に鮮明に残っている。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック