おんにょの真空管オーディオ

アクセスカウンタ

zoom RSS LM334Zによる定電流回路

<<   作成日時 : 2016/11/29 18:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 11

LM334Zは抵抗1本で定電流回路ができるスグレモノだ。かつては北野氏によるWebページにまとめられていたが、消えてしまったので備忘録として拙ブログに残しておくことにした。


画像

LM334ZはTO-92パッケージに入っている。

LM334のデータシートはこちら(pdf)。


画像

ピン接続図と定電流回路を上記に示す。電流は最大10mAでV+とV-の電位差は最大40Vとなっている。


画像

V+とV-の電位差が1V程度から定電流特性が得られている。


画像

これはLM334Hでの実測データ。わずかに定電流特性の電圧依存が見られるのはLM334H自体の発熱によるものかもしれない。


画像

RSETの抵抗値を変えながら電流を測定した。青線は実測値。

RSET[Ω]=70/ISET[mA]

の近似式(赤の点線)が成り立つ。ISETが1.5mAならRSETはほぼ47Ωとなる。ISETが2.0mAならRSETはほぼ36Ωとなる。


画像

LM334は温度依存性がある。上記は実測値で20℃〜80℃で0.2mA程度増加した。


画像

実験風景。LM334Hを使用。


画像

RSETは半固定抵抗を使用している。

電池や半固定抵抗も温度依存があると思われるので、だいたいこんなもんという程度に考えてほしい。

北野氏によるとLM334ZはCRDよりは安定性が良いが、LM317Tのほうがさらに良く、オーディオ用途としてのノイズの発生はLM334Zのほうが随分少ないとのこと。

電流を沢山流したければLM317Tを用いれば良いし、高耐圧ならTL783CKCSE3が125V maxの電位差までOKだ。

LM334Zは2016年11月現在、Digi-KeyRSコンポーネンツサンエレクトロなどで購入可能。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
差動初段の定電流に最適ですね。
若松のラジ館でも扱っています。
1個252円(税込)
http://www.wakamatsu-net.com/cgibin/biz/page.cgi?cate=1306&page=0
klmnji
2016/11/29 21:11
klmnjiさんこんばんは。
CRDや2SK30Aを数多く買って選別するよりLM334が1本(ステレオなら2本)です。私はいつもサンエレクトロで買っています。1個200円です。在庫が無いとどこからか30分くらいで持ってきてくれます。いよいよ無い時には向かいの光南電気が頼りです。
おんにょ
2016/11/29 21:24
 LM334ZのSchematic Diagramを見ますと複雑で、それでも、ICとしては簡素な方です。この様な優れたICを真空管アンプに使うと、真空管アンプしか無い時代と比べて、又、違った動作の真空管アンプで、ハイブリッドアンプと言えるのでしょうか?
grigri
2016/11/30 07:04
ソース電流用のようですが、回路によりシンクもできるようですね。というか、SMPSのシンク電流用=TL431に対抗したソース電流版なのでしょう。ただTL431に比べればやや割高なのはしょうがないのでしょうね
masuda
2016/11/30 13:01
grigriさんこんばんは。
昔はマイナス電源を使って高抵抗で供給するのが当たり前でしたが、定電流源を使えば大きくマイナスに引く必要が無くなります。
ハイブリッドというのは増幅回路に半導体を使ったものを言うようです。電源に半導体を使ったものにハイブリッドと言うかどうかは微妙なところです。
おんにょ
2016/11/30 18:05
masudaさんこんばんは。
TL431は使ったことがないのでわかりません。
おんにょ
2016/11/30 18:06
おんにょさんこんばんわ。
いつも良いところにポイントがあたり参考にさせて頂いております。この半導体は意識になっかた。微妙と言えば、昔、タマッドステートAMPと言う言い方があったような気がしますが
最近は聞きませんね。
すけさん
2016/12/01 03:04
すけさんこんばんは。
タマッドステート、初めて聞きました。恐らく死語ではないでしょうか。
おんにょ
2016/12/01 18:33
おんにょさんこんばんわ。タマッドステートアンプは1970年頃から1980年頃のラジオ技術の製作記事で表現された言葉で当時トランジスターで真空官がドライブできるんだと凄いナーと記事を読んだ覚えがあります。ラジオデパートの入り口ではずしもののトランジスターがJUNKでテスターと一緒においてあって自己責任で売っていたのを思い出しました。SONYの2TタイプのTRなんて貴重品でした。塗装をはがすとフォトトランジスターに化けます。
すけさん
2016/12/02 00:38
すけさんこんばんは。
タマッドステートでググるとラジオ技術の記事が出てきますからそちらで流行らせたかったのでしょう。でも初段が半導体だとソリッドタマートという気がします。
おんにょ
2016/12/02 18:43
おはよう御座います。
ソリッドタマートとっても気に入りました。
   ではでは     GOOD表現! 
すけさん
2016/12/03 09:47

コメントする help

ニックネーム
本 文

関連ブログRSS

LM334Zによる定電流回路 おんにょの真空管オーディオ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる