おんにょの真空管オーディオ

アクセスカウンタ

zoom RSS VT-62シングルアンプ・コンデンサ実験

<<   作成日時 : 2016/03/11 18:54   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

VT-62シングルアンプの出力段コンデンサを付け替えて音色の違いを調べてみた。


画像

上記回路図における信号ショートループ(C4)のみをデフォルトとし、パスコン(C19)にフィルムコン及び電解コンデンサを追加して比較試聴を行った。


画像

試聴に用いたコンデンサ。フィルムコンデンサはたまたま手持ちのJANTZEN Cross Cap 1uF400Vにした。これは海神無線で扱っている。電解コンデンサは東信工業の低ESR 1000uF50V。

試してみたが、どうも私は駄耳なので音色の違いがよくわからない。そこで私より耳の良い!?妻に聴いてもらった。

--------------------------------------------------
@信号ショートループ(C4)のみ
・ウェットな感じ
・モアッとしていた

Aパスコン(C19)にフィルム1uF
・すっきりとして聴きやすい
・低音に伸びがある

Bパスコン(C19)に電解1000uF
・@Aの中間な感じ
・既成品のアンプみたいな音
・パワーが出てインパクトがあるのが好きな人は好みかな
--------------------------------------------------

@の信号ショートループのみでモアッとしていたという感想は意外だった。やはり相性があるのだろうか。私はパスコンにフィルムを追加しても違いがわからなかったが妻はちゃんと聞き分けた。

どうもAの印象が良いようだ。VT-62という送信管から受ける音色としてはフィットしているのではなかろうか。

もっといろいろな組み合わせ、例えばC4にフィルムを並列にしたり、パスコンに電解とフィルムを並列にしたりすることも考えられるが、私自身で違いがよくわからないこともあり実験するのは止めにした。

ということで、最終的にはAのパスコンにフィルム1uFでいくことにしよう。


画像

確認のため再度クロストーク特性を測定した。20Hz〜20KHzにおいては-68dB以上と変わらなかった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
信号ショートループのアンプ全てに適合するわけではないと思いますが、参考にさせて頂きます。
<m(__)m>
klmnji
2016/03/11 21:57
klmnjiさんこんばんは。
信号ショートループは相性があるらしい、ということと、VT-62の入力信号ループは逆に遠回りになってしまいます。6DN7カソード→VT-62グリッド→VT-62カソード(フィラメント)→+B→GND→カソードチョーク→6DN7カソードです。だから理論的にもデメリットがあります。
おんにょ
2016/03/11 22:16
> VT-62の入力信号ループは逆に遠回りになってしまいます。

これはA2級動作であることと、チョーク負荷であることで、より顕著であると考えても良いのでしょうか?

もう一つ、パスコン(C19)とR6との時定数はどの様に考えられましたか?
klmnji
2016/03/12 21:06
klmnjiさんこんばんは。
> これはA2級動作であることと、チョーク負荷であることで、より顕著であると考えても良いのでしょうか?
入力信号ループが遠回りになるのは、信号ショートループの回路全般に言えることです。だからメリットもあるし、デメリットもあります。
> パスコン(C19)とR6との時定数はどの様に考えられましたか?
適当です(笑)。回路的には1uFは意味をなさないはずです。
おんにょ
2016/03/12 21:18

コメントする help

ニックネーム
本 文

関連ブログRSS

VT-62シングルアンプ・コンデンサ実験 おんにょの真空管オーディオ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる