おんにょの真空管オーディオ

アクセスカウンタ

zoom RSS VT-62シングルアンプ・動作一発OK!

<<   作成日時 : 2016/02/17 18:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

一昨日の陽気はどこへやら、例年並みの寒さにすぐ戻ってしまった。これからしばらく寒さが続くのだろう。

VT-62シングルアンプは配線しながら回路図にマーキングしていったので、再度簡単な配線チェックの後、真空管を挿さずに電源を投入して+B・+B1・-C電圧を確認。

問題なさそうなので6DN7を挿して電源オン、ドライブ段のカソード電圧を9Vに調整する。初段プレート電圧は150Vに調整。

続いてVT-62を挿し、2台のDMMでカソード電圧を監視する。予定の23Vを超えて上がっていくので、6DN7のバイアスをマイナスへ調整。Lchはマイナスに回しきっても23.6Vより下がらない。他の電圧をチェックしたが大幅な狂いはなかった。

6DN7ドライブ段のカソード電圧は5〜6Vと低くなった。VT-62のバイアスを深くしないと電流が流れ過ぎるので、カソード抵抗を1KΩに増やした。実効プレート電圧が5V程度下がってしまうが仕方ない。これでドライブ段の電流は10mA前後になった。

SP端子にDMMをつなぎ、RCA入力に指を触れてAC電圧が上がるのを確認。動作一発OKだ。


画像

回路図に実測の電圧を赤字で記入した。R6は820Ωから1KΩへ変更。

AC100Vが実測102Vと高いが、+B電圧は345Vと低く出た。350Vというのは大体の推定値なので、まあこんなもんかな。VT-62の動作点がロードラインの左へ偏っているものの、オシロで波形観測すると上下がほぼ同時にクリップする。

出力はオシロの読みで1KHzが3.1Wくらい。100Hzのほうが早くクリップするようだ。

VT-62のハムバランス調整をする。配線を短くしようと思ってVT-62の傍にハムバランサを配置したのだが、ドライバーを差し込んで回そうとするとVT-62に触れてしまう。手袋をしているからヤケドの心配は無いが、もう少し考えてハムバランサを配置すべきであった。


画像

簡単に特性を測定してみた。周波数特性は無帰還だが-3dBで22Hz〜31KHz。すこし高域の落ちが早いみたい。利得は22倍前後と設計時に求めた18.4倍より多くなった。DFはまあこんなもんかな、といったところ。残留ノイズはRchが2mVと多めなのが気になる。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

関連ブログRSS

VT-62シングルアンプ・動作一発OK! おんにょの真空管オーディオ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる