おんにょの真空管オーディオ

アクセスカウンタ

zoom RSS 3A5トリプルプッシュプルアンプ・基板作成

<<   作成日時 : 2015/03/04 18:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

アンプ部の基板を平ラグからICB-88Gを使ったユニバーサル基板へ変更する。


画像

パーツをこんな感じかな、と並べたところ。回路規模に比べて基板が大きいのでゆったりしている。


画像

上から写真を撮って印刷し、結線図を書いたところ。NFB抵抗(R12)は変更するかもしれないし、半固定抵抗にしても最終的には固定抵抗にしたい。だからピンヘッダを挿しておき、ピン間に抵抗を取り付けるようにした。


画像

というわけで完成した片チャンネル分の基板。結線は抵抗のリードをカットした切れっ端でつないだ。抵抗のリードは曲げていない。もし交換する必要があった場合、曲げると外れなくなるから。隣同士のランドはハンダでブリッジしてショートさせるようにした。

こういう基板の製作はたまにやるだけにしたい。目が疲れるし肩がこって仕方がない。もう片チャンネル分あるんだった。まずは平ラグ基板のパーツを外してから流用する。


画像

これはフィラメント電源基板。4700uFの電解コンデンサが6個並ぶ。


画像

完成したフィラメント電源基板。電解コンデンサを基板の両側からハンダ付けしていったら最後の1個が入らなくなってしまった。なので片方の2個をいったん外し、順番にハンダ付けした。あまりぎりぎりだとこういうことが起こるんだね。

それにしてもショットキーバリアダイオードのリードの太いこと。1N5821はVRRMが40V、Ioが3Aなのだが、放熱のためにとにかく太い。Vfは3A流したときに0.5Vだから1.5Wの発熱量となる。


画像

反対側からみたところ。抵抗1本あたり0.36W発熱するのでリードは長めにしてある。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 なかなか綺麗にできましたね。
 外観もさる事ながら、内部も綺麗なアンプは、
保守性も良いし、製作に対する誠意を感じます。
grigri
2015/03/05 10:06
grigriさんこんばんは。
どうもありがとうございます。こういうのは性格が出ますね。音に関係ないところはテキトウでも良いんですが。
おんにょ
2015/03/05 18:57

コメントする help

ニックネーム
本 文

関連ブログRSS

3A5トリプルプッシュプルアンプ・基板作成 おんにょの真空管オーディオ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる