おんにょの真空管オーディオ

アクセスカウンタ

zoom RSS 6J6パラプッシュプルアンプ・回路変更

<<   作成日時 : 2014/09/24 18:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

あることに気がつくとどうしてもそれが気になるものである。今なら間に合うしやっぱりやろうかな、ということで回路変更とあいなった。


画像

現状の回路図を上記に示す。出力段の信号ループの中に-Cの回路が割り込んでいる(C5とD5〜D10)。
信号は必ずC5を通るので、できれば通らないに越したことはない。

また、拙アンプはスーパーチャージ・ドライブシステム(自称)を採用しているので、信号電流が増加した際にダイオードの降圧がわずかではあるが変化するのが気に入らない。

というわけで、-Cの回路を+B1の回路側へ移動させることにした。そのまま移動したのでは+B1が-C電圧分下がってしまう。だからツェナー電圧の変更が必要になる。


画像

変更後の回路図を上記に示す。ツェナー電圧はHZ12C-2-Eが実測13.7V、RD10が10Vだったので13.7*2+10=37.4Vとなる。-C電圧はダイオード6個分の降圧が実測4Vだったから+B1は37.4-4-0.6=32.8Vとなる。0.6Vは2SC4793のVBE。

スーパーチャージ・ドライブシステムがシンプルになったので、これでいっそう威力を発揮するだろう(冗談)。

この変更でヒーターバイアスがGNDだったのが-C電圧となり-4Vになってしまう。でもこれくらいならヒーターハムを云々するレベルではなかろう、と考えた。


画像

平ラグパターン図を上記に示す。電源部の平ラグに-Cの回路と+B1の回路が載っていたので、変更を最少にするように考えた。ツェナーは2本の直列になっているが、後の実験で3本の直列にした。


画像

変更後の電源部平ラグ基板。あまり変わり映えしないけど。


画像

裏側から。ジャンパー線が2本増えた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

関連ブログRSS

6J6パラプッシュプルアンプ・回路変更 おんにょの真空管オーディオ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる