テーマ:3B7パラシングルアンプ

3B7パラシングルアンプ・改造

3B7パラシングルアンプを改造した。このアンプはクロストーク特性があまり良くない。 上記がクロストーク特性で、いったん悪化した後、周波数が高くなると改善する。 これは+B電源のFETリプルフィルタにおけるインピーダンスが高いためと考えられる。3B7は殆どゼロバイアスで動作しておりグリッドのプラス領域でグリッド電流…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3B7パラシングルアンプ・完成

3B7パラシングルアンプが完成した。ブログでのキックオフは6月12日だったから、2ヶ月弱で完成したことになる。  3B7というタマはデータシートを見る限り普通の直熱双三極管のようなのだが、歪率特性はまるでポジティブグリッド管みたいだ。もし前段をタマで構成したいのなら、ダイナミックカップルかカソードフォロアが良いのではないか。但しグ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3B7パラシングルアンプ・本番機の特性

出来上がった3B7パラシングルアンプ本番機の特性を調べてみた。 回路図を上記に示す。試作機と違うのはカソードに定電流回路を入れたところのみ。それにしても半導体だらけで真空管はどこにあるの?といった感じ。真空管の代わりに半導体にしたらもっと良くなるカモ(笑)。 諸特性を上記に示す。試作機ではどの3B7を挿し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3B7パラシングルアンプ・本番機の組立~動作確認

シャーシ塗装が終わって数日経ったので組立を始めた。 外装部品を取付中。OPTはあらかじめ配線してから固定する。この後にトランスケースの上部カバーを被せる。電源トランスを取り付ける前に済ませないと取り付けられなくなってしまう。 配線を始めたところ。AC1次配線を先に済ませた。 フィラメント電源基板…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3B7パラシングルアンプ・定電流回路

CV4055シングルアンプで定電流回路が好印象だったので、3B7パラシングルアンプでも試してみようと思う。 以前、NJM317でカソード抵抗の代わりに定電流回路を試してみたところ、試聴ではあまり良い結果が得られなかったので今度はディスクリートで組んでみたい。手持ちのパーツを使ってやってみることにする。 回路図を上記に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3B7パラシングルアンプ・解体~シャーシ塗装

しばらく3B7パラシングルアンプの記事が無かったのは梅雨による天候不順で塗装が出来なかったから。 解体して再びパーツ状態になった。 立ラグ固定用の穴を1個開け、傷や溶接跡、バリなどをリューターにつけたペーパーコーンで削ったところ。 シャーシは塗装する面を#400の耐水ペーパーで水研ぎした。外は暑いのと蚊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3B7パラシングルアンプ・試作機の最終回路

ゴチャゴチャ回路をいじったので、現時点での回路を試作機の最終版として残しておくことにした。3B7のカソード電圧は試聴を続けていても安定しており、Ipが減るようすは無い。 +B1用の回路を左右チャンネル独立に2回路としたのが大きな変更点。また、C4・C6が中途半端な値なのは増量したため。加えてC5・C7も増やすことで残留ノイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3B7パラシングルアンプ・クロストーク解析その2

3B7パラシングルアンプのクロストーク特性があまり良くないということで前回解析を行ったが結果は芳しくなかった。 どうしても気になるもので、何とかしようとまだあがいている。 悪化の原因を大別すると上記のようになる。 ① カソード抵抗が低くGND経由でクロストーク発生  →定電流回路・不採用 ② グリッド電流に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3B7パラシングルアンプ・クロストーク解析

クロストーク特性があまり良くないということで、すこしあがいてみることにした。 思いつくクロストークの原因としては、①+B電源のインピーダンスによってクロストークが生じるのではないか、②初段+B1電源を左右チャンネルで分けていないため、グリッド電流によって他チャンネルが影響を受けるのではないか、③3B7のカソード抵抗が低めのためにG…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3B7パラシングルアンプ・試作機の特性を測定

いつものように作ったアンプの特性を測定した。 諸特性を上記に示す。バラックと異なるのは残留ノイズで、DC-DCをトランス電源に換えたことによるもの。DC-DCは高周波ノイズが取れなかった。聞こえないから構わないんだけど。 周波数特性。3B7の個体差で超低域のレベルや高域の落ち具合が微妙に違ってくる。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

3B7パラシングルアンプ・A2級の動作

試作機が動作しているようなので、手持ちの8本の3B7を総合利得で選別してみた。 結果を上記に示す。利得はバラバラで、No.5はエミ減にしてしまったタマなので当然除外。たまたまリファレンスと一致したNo.4をRchに採用することにした。 ところがしばらく動作させているとNo.4の利得が11.6倍に落ちてしまった。どうも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3B7パラシングルアンプ・試作機の組立

シャーシの保護ビニールをはがして試作機の組立を始めた。OPTはあらかじめ配線をハンダ付けしてからトランスケースの上部カバーを被せた。カバーのネジ止めにはオフセットドライバーを使った。 あとは配線だけになった。ところがなぜかモチベーションが低下してしまい、やる気が起こらない。きれいに配線しようと思うからだろうか。試作機なのだからある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3B7パラシングルアンプ・仮組み

シャーシ加工が完了したので仮組みをしてみた。結果は、特に問題なく組み立てられることがわかった。使っているビス類は試作機と本番機で同一なので、仮組みで必要なビス・ナットが決まる。 画像を横長にしているのではない。シャーシの高さは40mmなのだがもっと高く見える。今回は裏蓋を作っていないため、後でゴム足を仮固定するつもり。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3B7パラシングルアンプ・シャーシ加工

3B7パラシングルアンプのシャーシ加工を行った。シャーシは奥澤のO-27、W250×D150×H40。t=1.0mmだから前回の1.5mmに比べて加工の手間は2/3で済むはず。 レイアウトはシンメトリー案を採用。十字マークを追加。 印刷してシャーシに貼り付け、カッターで罫書き線を入れた。オートポンチでマー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3B7パラシングルアンプ・電源基板の確認

平ラグ基板が完成したところで、電源基板の動作確認を単体で行うことにした。東栄PT-10のレギュレーションがわからないので、+B電圧がどのくらいになるのか予想がつかないのだ。 バラックで実験中。820Ω10Wのセメント抵抗が4本あったので、直列に+Bの負荷(=3280Ω)として接続している。 結果は+Bが180…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3B7パラシングルアンプ・平ラグ基板作成

3B7パラシングルアンプ試作機の平ラグ基板を作成した。レイアウトはシンメトリー案を元に基板パターンを考えた。なるべく基板からパーツがはみ出さないようにした。 始めにアンプ部から。左右チャンネルで同じパターンとした。アンプ部のCRが全て乗っているので、真空管ソケットのピンへは配線のみ。③⑥と書いてあるのは3B7のグリッドにつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3B7パラシングルアンプ・穴開け図作成

3B7シングルアンプ試作機の穴開け図を作ってみた。ケースは奥澤のアルミ弁当箱O-27、W250×D150×H40 t1.0mmとした。 始めにトランスのコア中心軸を直交させた案。電源トランスからの誘導ハムが最小になるような配置。こちらの記事に書いたけど、OPTにはサムテックのトランスケースTT0013を被せる。 電源…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3B7パラシングルアンプ・電源トランス版回路図作成

DC-DCをやめて電源トランス版の回路図を作成してみた。 +B電圧が180Vと低いので、トランスの端子電圧は150V程度が最適。でも市販のトランスとなると春日のH24-0101くらいしかない。このトランスはヒーター巻線が0-6.3Vの1つしかないので、フィラメント電源に絶縁型DC-DCを使うかヒータートランスを追加する必要がある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3B7パラシングルアンプ・特性測定

左右両チャンネルのバラックを作成したので、いつものように特性を調べてみた。 3B7の利得にバラツキが多く、近いのを2本選んで測定。NFB量がちがうのにDFが一緒なのは不思議。残留ノイズはフィラメント回路のDC-DCノイズが取れずに高い数値を示しているが、高周波が主体なので殆ど聞き取れない。 周波数特性。左右チ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3B7パラシングルアンプ・バラック組み立て

両チャンネル分をバラックで組み立てる前に、フィラメント電源をDC-DCコンバータで供給してみようと考えた。 以前の拙ブログで実験をしたことがあるMCWI03-12S033を使用する。 回路はこんな感じ。電源トランスは手持ちの東栄J1205を使用する。端子の0-6Vと6V-12V間を使い、それぞれ2回路に分けた。絶縁型…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3B7パラシングルアンプ・実験

以前3A5パラシングルアンプに3B7を挿してみたことがある。3B7にフィッティングしていないせいもあるが、軽いA2級では出力が30mWと全然取れなかった。 3B7はバイアスが浅く、仕様にグリッド電流のスペックがあることから、トランスで位相反転したB級プッシュプルアンプ用に開発されたタマのようだ。 じゃあFETにTrのエミッタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more