テーマ:0-V-2ラジオ

0-V-2ラジオ・改造

久しぶりのラジオ記事となる。拙0-V-2ラジオのプレート検波でのカソード抵抗は5K~10KΩとのご指摘があった。べん十さんどうもありがとうございます。 本記事は、0-V-2ラジオ・グリッド検波とプレート検波を切り替えるの続編となる。 現状でのプレート検波のカソード抵抗は1KΩとなっていた。これはテキトウに決めた値で根拠は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

0-V-2ラジオ・グリッド検波とプレート検波を切り換える

久しぶりにラジオの話題でも。 杉本哲編の「初歩のラジオハンドブック」を読んでいたら、プレート検波は再生がなめらかにかからない、と書いてあった。 私の0-V-2ラジオはグリッド検波からプレート検波に改造したが、プラグインコイルを短波にするとブブブとモーターボーティングのように発振してしまって再生がかからなくなってしまっていた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

0-V-2ラジオ・またまた実験

テスト・オシレータの話は置いといて(笑)、「ラジオ・アイデア製作集」に、グリッド検波をプレート検波に変えると音が良くなる、と書いてあったので実験してみた。但し、音質が良くなる反面、感度が低下するという。 回路的には、6AU6のグリッドリークバイアスをカソードバイアスに変更するだけ。これで、何で検波方式が変わるのかよくわからないが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

0-V-2ラジオ・改造

現在はアンテナにスピーカーコードを流用している。ラジオを聴くときはオーディオは聴かないのでこうしているが、いちいち差し替えるのが面倒くさい。そこで、机の上にアンテナがあったらどうかな?と思って作ってみたのがコレ。ループアンテナだ。コンソメの入れ物に0.5mmのPEW線を100回巻き、バリコンと並列に接続する。さらに10回ピックアップコイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

0-V-2ラジオ・完成

電源を入れるとしばらくして、発振気味に音声が出てくる。これを使ってラジオ深夜便を聴いている。アナウンサーの声が明瞭に聞こえる。どことなく暖かみを感じる音質だ。音楽がかかると歪んでいるのがわかってしまう。でも、人が想像するラジオの音というのはこういうものを思い浮かべるのではないだろうか。 外観は、マチュピチュの1部屋…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

0-V-2ラジオ・実験

今回はつまらない(楽しい?)実験だ。 チョーク直後に小容量のコンデンサを追加して、+B電圧がどのくらい上昇するか実験してみた。結果は以下のグラフに示すとおりとなった。チョークインプットでの+B電圧は200V、3.3μFのセミチョークインプットで260Vまで上昇する。+Bは220V位が適当と考えて、コンデンサの値は1μFとした。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

0-V-2ラジオ・組立完了

0-V-2ラジオの製作は、仕事疲れのためにしばらく手づかずであったが、ようやく組み上げることができた。 今回も未配線の状態でシャーシ内部を撮影し、それを印刷して実体図を作った。組立は、AC1次配線完了→電源トランスの電圧確認、ヒーター配線完了→点灯式、+B電源完了→電圧確認、アンプ部作成完了→音が出るか確認、全て完了→全体の電圧確…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

0-V-2ラジオ・塗装

ようやく写真で紹介できるまで進んだので進捗報告。 前面パネルは灰色と黒のツートーンにした。英文字はインスタントレタリングを使用。シートを買い出しに行けなくて、なかなか出来なかった。 シャーシは前面パネルと同じつや消しの灰色。製作途中の写真を撮っていないが、アルミを400番の紙ヤスリで荒らし、プライマーを2回、その後ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

0-V-2ラジオ・仮組み

シャーシとパネルの塗装は後に公開するとして(笑)、パネルの加工が終わったので部品を仮組みしてみた。 バリコンとバーニアダイアルの接続はOKだ。スムーズに回せることを確認。 出力トランスとスピーカーの間隔が1mm程度しかなく、磁力でコチンとくっついてしまう。出力トランスを別の場所に移動しようかな? 穴開けだけし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

0-V-2ラジオ・シャーシ加工

久しぶりにちょっとだけ進んだ0-V-2ラジオの報告。 シャーシ設計が終わって、図面を貼り付けたまましばらく放置状態になってしまった。 昨日やっと加工をスタート。本体のみの穴開けが完了した。42シングルアンプでは少しずつ進めたが、こちらは一気にやってしまった。おかげで今日は腰が痛いし、体がだるい。老眼が進み、目がしょぼ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

0-V-2ラジオ・シャーシ設計

今回はシャーシ設計。 アンプの場合は立体的に干渉する部品が少ないのだが、ラジオではシャーシ上・下で部品が組み合わされるから複雑で難しい。バリコンとバーニアダイアルは、ずれると最悪取り付けられなくなるからカップリングを使用する。 設計するにあたり電源トランス及びチョークと、出力トランスとの漏洩磁束を実験で確認した。結果は電源ト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

0-V-2ラジオ・回路設計

回路設計というほどでもない。あっちこっちから必要な回路とCRの値を持ってきてくっつけただけだ。 電源トランスの+B巻線が260Vと通常の並三トランスより30Vも高いので、整流管を使おうと思った。でも5M-K9なんてどこにもないのだ。あったとしても値段が異様に高い。調べてみたら6X4なら簡単に手に入るようだ。 ヤフオクで6X4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

0-V-2ラジオ・部品集め

唐突であるが、真空管ラジオを作ろうと思う。ウェブリブログでそのようなテーマを探してみたが見つからないので、そのままオーディオで続けさせて頂く。テーマから外れるがご容赦。 というわけで、実家から部品を持ってきた。これらは私が子供の頃、ラジオやアマチュア無線に興味があって部品を集めたものの、結局作らないままデッドストックになっていたも…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more