テーマ:EL32シングルアンプ

EL32シングルアンプ・詳細特性測定

EL32シングルアンプの詳細特性を測定してみた。 はじめに諸特性。 周波数特性はかまぼこ型。158KHzに小ピークがあるが、左右チャンネルで特性が揃っている。 上は左チャンネルで、下は右チャンネル。歪率特性は1KHzのみ低歪みで、100Hzと10KHzは直線状に歪率が悪化する。1KH…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

EL32シングルアンプ・回路小変更

EL32シングルアンプにオシロ・ミリボル・オシレータをつないで特性をチェックする。まだオーバーオールNFBはかけていない。 利得は11.6倍。6dBくらいNFBをかけられそう。周波数特性は高域の-3dB点がLch 18.7KHz、Rch 18.3KHz。何だか低すぎる感じ。 残留ノイズは入力ショートでLch 0.5m…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EL32シングルアンプ・一発動作OK!

EL32シングルアンプの残った配線をする。次は入力のシールド線。面倒なんだけど、なかには好きな人がいるらしい。 続いて抵抗・コンデンサを取り付ける。シングルアンプで数も少ないから、順調に終わってしまった。 配線を始めたのはいつだっけ?プロならこんなの1時間くらいで終わるに違いない。シロートだからのんびり、ゆっくり。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EL32シングルアンプ・配線中

EL32シングルアンプの配線をスタート。 いつものように、AC1次配線から始める。できたらスイッチをオンして電源トランスの端子電圧をあたり、問題ないことを確認。 次はヒーター配線をやる。途中で青の配線を使い切ってしまい、白の配線にした。たかが試作アンプなのでこだわる必要はないのだが。 真空管を差し込んでヒーター点灯式を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EL32シングルアンプ・シャーシ内部配線検討

そろそろできた? まだだよ~ん。亀のような進捗。EL32シングルアンプの+B電源基板を作ったところ。 10Pの平ラグだが、テーマはラグ板から部品が極力横へはみ出さないこと。隣接して部品やらトランスが来るので距離を稼ぎたいからだ。 FETの2SK3067が放熱板を背負った形となり、振動でハンダクラックが生じる恐れがあるかもしれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EL32シングルアンプ・シャーシの穴開け

相変わらずしょうもないブログ記事ばかり書いている。この繰り返しを20年続けられたら、その道の大家(たいか)になっている可能性がなきにしもあらずだけど、じじいになってヨレヨレ状態なのが落ちだろうね。 さて本題。 EL32シングルアンプのシャーシ設計が完了したので、印刷してシャーシに貼り付ける。罫書きにはカッターを使う。終わった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EL32シングルアンプ・シャーシ設計

EL32シングルアンプのシャーシ設計。 結局シャーシを横長に使い、電源トランスとOPTをそれぞれ端に置くレイアウトに決めた。 シャーシ設計はいつものようにSakraCADを使用。Windows7でも使える。ただ、印刷する時に中心がずれる。私だけの現象かもしれないが、他に使っている人がいないのでわからない。プリンターの紙が印刷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EL32シングルアンプ・デザイン検討

すこし間が空いたが、ブログを更新。 45シングルアンプより前に計画していたEL32シングルアンプを先に進めることにした。 春日無線のOPT、KA-5730を購入した。また、ちょうどアンプとして収まりの良いサイズのアルミシャーシ、奥澤のO-20T、W300×D150×H60 t1.0も購入。デザイン検討をしているところだ。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

EL32シングルアンプの構想

春日無線のEL32シングルアンプが気になっている。店長鳥肌モノのサウンドだという。 OPTはKA-5730だが、PとBをひっくり返し、5KΩのタップをEL32のSGにつないでいる。3結に近いUL接続だそうだ。 内部写真が公開されているので、回路を解析してみた。EL32のカソードはバイパスコンデンサをGNDではなくOPT2次の…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more