テーマ:オーディオ

6DE7シングルアンプ・配線~動作確認

6DE7シングルアンプのソケット周り、GNDの配線を進める。終わったら撚ったSP配線を取り付ける。どこを通すかはいきあたりばったりだけど。 入力はシールド線を使わず配線を撚っただけにした。全ての配線が終わりカソードCRとゾベルを取り付けたら完了。 こんなかんじになった。インシュロックタイを使わず養生テープで配線を動か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6DE7シングルアンプ・配線開始

6DE7シングルアンプの配線を始めた。やり方はいつもと同じ。まずAC1次配線(白)、次にヒーター配線(青)を行う。 まあこんなかんじ。スイッチをオンして電源トランスの電圧を確認。 6DE7を挿して点灯式。結構ヒーターが明るい。ヒーター電圧はAC101Vの時に6.4Vだった。 +B基板に配線してテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6DE7シングルアンプ・実験機の組み立て開始

ぼちぼち実験機の組み立てを開始した。使い回しのシャーシに4個だけ穴を追加してパーツを取り付ける。 実験機だからまあこんな程度で良かろう。 シャーシ内部。CRで取り付けていないのは出力管のカソードCR、ゾベルCR、スパークキラーくらい。 6DE7の持つ音色を試聴して確かめるだけだから、本番機を組むかどうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6DE7シングルアンプ・平ラグ作成

6DE7シングルアンプの平ラグを作成した。まずは+B電源部から。 +B電源部の平ラグパターン。 作成した+B電源部の平ラグ。120Vのツェナーをラグの外側にした。これはツェナーが4本しかなく、選別で1.9mA流したときに2本で0.7Vの差があったため。120Vに対して0.7Vなんて誤差だが、直結アンプなので気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6DE7シングルアンプ・平ラグパターン作成

実験アンプを組むにあたって、平ラグを作成しておけば本番機へ流用できるし、作っておこうと思う。それぞれ電源部を10P、アンプ部を8Pの平ラグとしてパターンを考えてみた。 +B電源部の平ラグパターン。テキトウに考えたのでジャンパー線が多くなったがまあいいや。 フト思いついたので別バージョン。こっちのほうがいい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

47シングルアンプに46を挿してみる

47シングルアンプのカソード抵抗を2.2kΩから3.2kΩに変更した。46を挿して電源投入。カソード電圧をVR1で87Vに合わせた。オシロで1kHzサイン波の上下がほぼ同時にクリップするのを確認。 1日経ったのでカソード電圧がすこし変わっているが、測定した電圧を赤字で示す。+B電圧が予想より高くなった。また46のバイアス電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

46

ついヤフオクで46が2本セット即決で出ていたのでポチッとしてしまった。2年前に42シングルアンプ2号機を製作しようと検討していたときに46と迷っていたのだった。でも45シングルアンプはあるし42シングルアンプのほうが音色が違って良さそうというのでそちらにしたという経緯がある。それ以来ずっと46を入手したいと思っていた。 4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6DE7シングルアンプの実験

むかし1本150円くらいで入手した6DE7が7本ある。この本数ならプッシュプルアンプが組めるが、かねがねシングルアンプで音を確かめてみたいと思っていた。 6DE7はテレビ用の垂直発振出力管で3極管が2ユニット封入されている。ヒーターは6.3V0.9A。2ユニットのうち1ユニットは電圧増幅用でμ=17.5、12AU7に似…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

47シングルアンプ・完成

事の起こりは42シングルアンプ2号機に47を挿してみようと思ったことに遡る。42は6.3Vの傍熱管で47は2.5Vの直熱管だからヒータートランスで点火した。聴いた印象は清楚な音でニュートラルな感じだった。せっかく入手したタマだし、アンプとして組んでみようと思った。 47のフィラメントを点火するには電源トランスに2.5V…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

47シングルアンプ・詳細な特性測定

とりあえず問題なさそうなのでNFBをかけてみることにし、大体6dBということで抵抗値を探ったところ1.8kΩになった。この状態でSP端子のダミーロードをオフにし、1kHzの方形波をオシロで観察しながら0.047μFや0.1μFのコンデンサを接続したところ発振した。SP端子にゾベル素子をつないだら収まったのでOKとした。 回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

47シングルアンプ・動作確認

簡単に配線チェック後、真空管を挿さずに+Bへダミー抵抗4.5kΩを仮接続して電源投入、グリッド電圧を60Vに調整。 次に47を挿してカソード電圧を監視。75~76Vになったので大丈夫そう。各部の電圧を測定。設計値との大差は無し。 SP端子にDMMを接続、入力端子に指を触れてAC電圧が上昇するのを確認。動作一発OKだ。測定器を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

47シングルアンプ・配線完了

47シングルアンプの配線の続きをする。OPTの1次配線を接続。GNDの配線をしてシャーシに落とす。47のソケット周りの配線とCR取り付け。 ここまで進んだ。ソケット周りはカソード抵抗を除いて完了。シングルアンプだから全体に配線が少ない。後はアンプ部への配線を残すのみ。 翌日。ここまでできれば一気にやってしまおう。アン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

47シングルアンプ・配線開始

47シングルアンプの配線を開始した。まずAC1次配線を行う。電源トランスへの配線は結局シャーシの側面をぐるっと回すことにした。電源を投入して電源トランスの電圧を確認。無負荷なので高めに出るがOK。続いて47へのフィラメント配線。AC点火なので直接配線するだけだから楽だ。 まだ配線は始まったばかり。 47を挿し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

47シングルアンプ・組み立て開始

47シングルアンプの組み立てを始めた。仮組みして確認してあるから特に問題はなかった。 シャーシ内部。パーツの干渉は無し。+B電源の電解コンデンサ100uF400Vと裏蓋の間隔は保たれている。電源トランスの向きを迷って画像のように取り付けた。AC100Vの配線を、どこを通そうか検討中。 47を挿してみた。フロン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

47シングルアンプ・平ラグ作成

47シングルアンプの+B電源部とアンプ部の平ラグを作成した。始めに+B電源部から行った。100Vツェナーの1N5378Bは2mA流した時の電圧が2本で近くなるように選別した。LRチャンネルで電圧があまりに違っていると気持ち悪いので。 +B電源部の平ラグパターン。 完成した+B電源部の平ラグ。 裏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

47シングルアンプ・磨き

塗装の完了したシャーシと裏蓋の磨きを行う。まず浴室で#1000のペーパーで水研ぎ。小さな木片にペーパーを巻きつけて直線状に研磨する。角は磨かないように注意。セルローススポンジで水気を拭き取ってみて光ったところがほぼ消えたらOK。次に#2000のペーパーで仕上げの水研ぎ。 こんな感じになった。今回は角の下地が露出すること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

47シングルアンプ・平ラグパターン作成

47シングルアンプの平ラグパターンを作成した。電源部は12P、アンプ部は8Pの平ラグに決めてしまったので、それに合わせてパターンを考えた。 まずアンプ部。6V系の回路も乗せた。平ラグのすぐ近くにソケットプレートがあるので、下側にパーツが出っ張らないように配置。 これは+B電源部。レイアウトに余裕があるので平ラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

47シングルアンプ・シャーシ塗装

47シングルアンプのシャーシと裏蓋を塗装した。塗装は外の駐車スペースで行うので、雨の降らない風が強くない日を選ぶ必要がある。 仮組みを解体しリューターに付けたペーパーコーンでバリ取り。溶接跡もていねいに削った。下地を整えておくと塗装で厚化粧する必要がない。 浴室でナイロンたわしを使って水をかけながら縦横斜めに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

47シングルアンプ・仮組み

シャーシ加工が完了したので仮組みをしてパーツの干渉等を確認する。 事前検討がテキトウだったこともあり、ロッカースイッチと立ラグが干渉してしまった。1P分をカットする。また電源トランスの端子がシャーシ穴につかえて入らないことがわかった。仮組みのパーツを外して穴を広げる追加工をする。 追加工が終わって再び仮組み。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

47シングルアンプ・シャーシ加工完了

さて翌日。シャーシ本体の前後面の穴開けから始めた。ACインレットは角R仕様とした。これはなにげに難しい。丸穴を4個開けた後、ほぼ半丸ヤスリだけで仕上げた。ヒューズホルダーは13mm径まで広げた後に半丸ヤスリをかけると入るようになる。ストッパーの穴もつけた。前面はロッカースイッチの穴をノギスで測りながら13mm×19.2mmの精密加工。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

47シングルアンプ・シャーシ加工開始

相変わらずせっせとアンプ作りを続けているけど、自分でもよくやると思うよ。 結局穴開け図は上記のようになった。電源トランスを10mm前進させた。 印刷して定規とカッターでケガキ線を入れる。十字の中心にオートポンチでマーキング。 コッピングソーで電源トランスの角穴をギコギコ開けているところ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

47シングルアンプ・パーツが届いた

マルツオンラインと千石電商にネット発注したパーツが届いた。他にネット発注したのはゼネラルトランスと横山テクノの2店。 発注忘れがないといいが。現時点ではほぼ揃っているはず。 後は不足しそうな線材の発注くらい。今回もサイドパネルを取り付ける予定なのだが、アクリル板のカットを扱っているはざいやに注文が殺到しているのでどう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

47シングルアンプ・レイアウト確認

ゼネラルトランスに発注した奥澤シャーシO-45と横山テクノに発注した裏蓋用のアルミ板が届いた。 前回から殆ど変わっていないけれどレイアウト図はこんなふうになっている。 レイアウト図を印刷しシャーシにかぶせ、トランスと真空管を並べてみた。47のプレートが正面を向かないのでソケットをすこし回転させるか。電源トラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

47シングルアンプ・レイアウト検討

47シングルアンプのレイアウト検討をしてみた。今回はシンメトリー配置を考えている。 オーソドックスにOPTを並べるレイアウトだと、電源トランスの高さがシャーシ上68mm、OPTのトランスケースが90mmで電源トランスのほうが低くなる。ひっくり返した時電源トランスに何かを挟まないとガタガタしてしまう。 テキトウにトラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

47シングルアンプ・回路設計

47シングルアンプの回路設計を行った。基本的に42シングルアンプ2号機の回路を踏襲し、電圧増幅段は半導体の構成とした。 回路図を上記に示す。47のグリッド電圧は対カソード-17Vでカットオフは-70Vくらい。カットオフ側をフルに振るためには53Vの振幅が必要だ。グリッドのDC電圧を60Vにしたがギリギリで、電圧増幅段でリミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

47シングルアンプ・OPT-S14の特性測定

OPT-S14を使った場合の周波数特性と歪率特性を測定した。 はじめに諸特性を再掲。 周波数特性。低域寄りの特性となっている。250kHzあたりが変なカーブになったが、6dBのNFBでもピークは-12dBなので問題ない。 これはE130シングルアンプに換装前のOPT-S14の周波数特性。同じOP…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

47シングルアンプ・実験その3

今回はパラレルフィードではなく、OPTにアンディクス・オーディオのOPT-S14を使用し、通常の回路に戻して実験を行った。 パラレルフィードを解体しつつOPT-S14に換装。 実験風景。42シングルアンプ2号機を使って出力段だけ変更。 回路図を上記に示す。OPT-S14は10kΩ:16Ωの2次に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

47シングルアンプ・パラレルフィード実験その2

5結で実験した後で、3結での特性を調べてみることにした。 諸特性を上記に示す。OPTの2次8Ωに8Ωの負荷をつないだ場合を1次8kΩ、2次16Ωに8Ωの負荷をつないだ場合を1次4kΩとしてある。出力は1.8W~1.9Wでどちらも大差なかった。5結での出力は2.2Wであまり違いはない。DFは5.9と3.7で5結の2.2に比べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

47シングルアンプ・パラレルフィード実験その1

とりあえず実験してみようということで、バラックを組んでやってみることにした。 5極管接続でパラレルフィードというのは、頭の良い人にとってはナンセンスなんだろうけど実験して確かめよう。42シングルアンプ2号機の電圧増幅段と+B電源部を使って、出力段だけの回路を組んだ。 バラックの中身。 バラックの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

47シングルアンプ・回路検討

47シングルアンプはまだ回路が決まっていない。特性図にロードラインを引いて出力を計算したりしている。 当初はアンディクスオーディオのOPT-S14を1次10kΩで使おうと考えていた。47の3結の特性図が見つからないので6F6の特性図で代用している。ロードラインは最適化されていないが出力は1.1Wと算出された。A2級ドライブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more