テーマ:71Aロフチン・ホワイトアンプ

71Aロフチン・ホワイトアンプ その4

何故71Aでロフチンなのか。それは最大プレート電圧180Vの低さにある。自己バイアスではグリッド電圧+プレート電圧が220.5V以下にならないといけない。(Eb=180VでEg=-40.5V)この+Bが220.5Vというのは、市販の電源トランスで組む場合低すぎるのだ。 各メーカーの電源トランスを見てみると、2次側タップで250V以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

71Aロフチン・ホワイトアンプ その3

71Aを交流点火できないかと思っている。6.3Vに抵抗入れて電圧を落とし、残留雑音が1mV程度にできればしめたもの。 しかしせいぜい5mV位が精一杯だろうなあ。 また、71Aのロードラインを見ていて、OPT1次インピーダンスを3.5KΩでもいけるのではないかと思った。少々出力が低下するのは仕方ない。 DFが2を切るだろうから、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

71Aロフチン・ホワイトアンプ その2

続いて71Aロフチン・ホワイトアンプの回路設計をしてみた。 6SF5の動作点はEb=100V,Eg=-1V,Ip=0.3mA、RLは200KΩ。 71Aの動作点はEb=172V,Eg=-38V,Ip=20mA、OPTは1次5KΩ。 出力管過電流対策として、+B~カソード間に22KΩのブリーダー抵抗 を入れてあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

71Aロフチン・ホワイトアンプ その1

71Aを使ったロフチン・ホワイトアンプを考えてみよう。 整流管は昔買った5V4Gがある。71Aも5V4GもST-14で同じ外形だ。 電圧増幅段もST管だとくどくなるのでGT管を使おう。 6SF5GTはどうだろう。μ=100。クラシックコンポーネンツで1000円。 OPTはTANGOのU-808。 ST管に似合うOPTは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more