300Bシングルアンプのその後

300B_single_outside31.jpg
しばらく2A3シングルアンプで聴いていたが300Bシングルアンプに戻した。やっぱりこっちのほうが自分好みだ。何と言うのかな、爽やかな感じがする。低音にボリュームがある。

5687とE88CCの違いなのだろうか。それともXE-20SとOPT-22S-Zの違いかな。OPT-22S-Zは繊細ではないが聴いていて心地よい鳴り方をするようだ。

300Bシングルアンプで女性ボーカル曲を聴くと、そのささやき声にハッとすることがある。エージングが進んで自分好みの音色に変化してきたみたい。


2A3_single_outside8.jpg
XE-20Sは2A3でなく6B4Gと組み合わせたほうが繊細さが強調されて良いように思う。中国製2A3を例えばSOVTEKの2A3に替えたら変わってくる可能性がある。でも2A3は中国製のしか手持ちにないから替えられない。

この2A3シングルアンプは初段カソードバイパスコンデンサ(330uF16V)にニチコンMUSEが使ってあって、それが自分の現在の音の好みと合わないのかもしれない。たぶんこれを例えば東信工業のUTWRZに替えたら良くなるかも。

"300Bシングルアンプのその後" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]