300Bシングルアンプ・本番機組み立て開始

300Bシングルアンプ本番機の組み立てを開始した。塗装でトラブって時間が空いたため、どのように組み付けていたのか忘れてしまった。

300Bフィラメント電源のSBDの向きを90度回転した。このほうが配線の流れがスムーズになる。その後電源基板を取り付けたら電解コンデンサとソケットプレートが干渉して取り付けできなかった。電解コンデンサがオフセットしているので、左右を間違えていることがわかった。

補助電源トランスとチョークコイルはあらかじめ配線しておいてから取り付けた。電源トランスの+Bタップと補助電源トランスの2次側は、位相を合わせないと足し算ではなく引き算になってしまう。そうなる確率は50%だけど。


300B_single_inside13.jpg
外装パーツを取り付け終わったシャーシ内部。平ラグはまだ取り付けていない。


300B_single_outside14.jpg
上から見たところ。フロントには傷防止のため厚紙をカットして貼り付けた。

これから配線作業に入るが、試作機でどのように配線したのか忘れてしまったので、撮った画像を元に思い出しながら行う予定。

"300Bシングルアンプ・本番機組み立て開始" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]