E130シングルアンプ・シャーシ磨き

いつもと同じパターンだけど備忘録を兼ねているからね。塗装の終わったシャーシと裏蓋の磨きを行う。まずは浴室で#2000のペーパーを小さな木片に巻いて水研ぎをする。角を磨かないように注意。完全にゆず肌は消えないけれど下地が出てしまうよりはましなので適当なところで切り上げる。

コンパウンドの粗目→細目→極細の順に小さく切ったウエスでタテ・ヨコの直線で磨く。ひたすら磨く。疲れるので片手ずつ交互に行う。光ってくると綺麗なのでつい夢中になってしまう。磨き傷は消えないがそれなりに磨けたら終了とする。


画像

こんな感じになった。Zライトを写し込んでいる。裏蓋の濃淡は塗りムラで、通常は見えないところだから妥協する。


画像

画像ではわかりにくいけど裏蓋の縁の塗装が剥がれてしまった。リスニングポイントからはこの裏蓋の縁が見える。気になるのでタッチアップすることにした。スプレーを少量出して塗っても良いけど上地にクリアが必要なはず?

迷った末にタッチアップペイントを買うことにした。1個594円で送料が648円。送料のほうが高い。届いたら試してみよう。

"E130シングルアンプ・シャーシ磨き" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]