4P1Sシングルアンプ・仮組み

加工の終わった4P1Sシングルアンプのシャーシにパーツを仮組みしてみた。カソードチョークを先に取り付けてしまうとSP端子やRCA端子を取り付けられないことがわかった。シャーシ内のチョークコイルが邪魔をしてOPTのビスが固定しにくいが2箇所だけなので何とかなりそう。


画像

真空管を挿してみて「観球アンプ」。4P1Sが数mm浮いているように見えるので沈めたほうが良さそう。ロッカースイッチを嵌めてみたけどガタつくことは無かった。


画像

OPTに比べて電源トランスが小さく見える。ヒータートランスを電源トランスに含めるのならもっと大きくなるはず。


画像

画像

ヒューズホルダーが端にあるせいか余計出っ張って見える。


画像

裏蓋は0.8mm厚の鋼板。


画像

シャーシ内部。OPTの配線が長すぎてシャーシ内にとぐろを巻いてしまった。配線のカットから始めないと配線がしにくい。


画像

反対側から見る。シャーシ内でのパーツの干渉は無かった。

この後は平ラグ基板の作成に入る予定。組み込んでパーツの干渉や、コンデンサが裏蓋より飛び出すことがなければOK。

"4P1Sシングルアンプ・仮組み" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]