6T9 CSPPアンプ・パーツを買い出し

6T9 CSPPアンプのパーツを買い出しに行ってきた。私は極力在庫を持たない主義なので、その都度買い出しをする。アキバまで電車で35分くらいだから、所要時間は2~3時間といったところ。


画像

行く前にパーツリストを作成。A4のレポート用紙を6つ折りにし、Yシャツの胸ポケットに収まるようにする。買ったら単価とレ点を記入。


画像

上記のようにレシートと突き合わせてExcelでパーツリストを作っている。だから予定外の買い物は殆ど無い。


画像

購入したパーツ。最初は実験機を組むのに使い古しのシャーシを用いるため買っていない。

千石電商で東信工業の電解コンデンサ100uF400Vが品切れだったので手持ちの使用品を使うことにした。1000uF16Vが同様に品切れだったので25Vのを購入。

初段負荷抵抗の酸化金属皮膜抵抗150KΩ2Wを2本買い忘れた。よくやるんだよね、両チャンネル分4本が必要なのを、回路図を見てパーツリストに2本と書き写してしまうミス。消費電力が0.5Wなので余裕を見て2W型が必要なのだが、ジャンク箱をあさって150KΩ1Wが見つかったのでそれで良いことにする。またアキバへ買い出しに行くだろうから、その時にでも購入しよう。

今後の予定は電源部とアンプ部の平ラグパターンを考えること。そのまま本番機にも流用しようという魂胆なので、本番機のレイアウトに合わせる必要がある。

"6T9 CSPPアンプ・パーツを買い出し" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
ホームページアドレス
コメント[必須入力]