42プッシュプルアンプ・NFBと詳細な特性測定

42プッシュプルアンプ試作機はNFB無しの利得が60倍と多すぎたので、初段のプレート抵抗R5とR6を56kΩから43kΩに変更した。また、NFBをかけるためにR23をボリュームで見繕ったところ、6dBで5kΩとなったので5.1kΩをとりあえず採用。


42pp_schematic6.gif
回路図を上記に示す。赤字が変更したところ。


42pp_characteristic2.gif
諸特性を上記に示す。裸利得は60倍から50倍になった。NFBは6dB。DFは2.9まで増えた。出力は7Wとなった。


42pp_freq_Lch1.png
Analog DiscoveryによるLchの周波数特性。100kHz付近に小ピークがあるがそのままとした。


42pp_freq_Rch1.png
Rchの周波数特性。こちらも同様だった。


42pp_crosstalk1.gif
クロストーク特性。20Hz~20kHzでは-72dB以下となっている。


42pp_distortion_Lch1.gif
Lchの歪率特性。1W以上でガタガタしているのはA2級への移行によるものか。


42pp_distortion_Rch1.gif
Rchの歪率特性。

特性を測定して気になったのは100kHz付近に小ピークがあることくらい。他は問題なし。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
かわいい

この記事へのコメント