42プッシュプルアンプ・電源回路のフィッティング

PMC-140HG.jpg
ゼネラルトランスのPMC-140HGを入手したので、42プッシュプルアンプの電源回路のフィッティングを行った。今回は+Bと-Cが対象。


PMC-140HG_experiment.jpg
実験中。


PMC-140HG_power_plus_B.gif
始めに+B電源から。実験結果はAC100Vが100.9VのときにV1が328Vとなった。AC100V換算ではV1は325Vとなり、設計と一致した。


PMC-140HG_power_minus_C.gif
-C電源のフィッティング。実験結果はAC100Vが100.8VのときにV2が-314Vとなった。AC100V換算ではV2は-312Vとなるが、+Bとトランスの巻線を共用しているため電圧が下がるとみて、-310Vになると予想。


42pp_schematic3.gif
フィッティング後の回路図。R28を100kΩから47kΩに変更した。

なおアンプ部はフォロア段の真空管を12AU7から手持ちの6N1Pに変更した。バイアスが浅いのでカソード抵抗(R15とR16)も変更した。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント