真空管の修理

姉妹ブログでノイズの出るフタバのUZ-42を修理できたのに味を占めて、東芝のUZ-42も修理してみることにした。以前足のハンダを取り除いて再ハンダしているのだが、管面をコツコツとペンで叩いたりするとノイズが出るし、いきなり音が出なくなってしまう。


UZ-42_toshiba1.jpg
足のハンダをSPPONで取り除き、鍋にUZ-42の袴が隠れるくらいの水を入れて沸かし、立てて数分放置。引き上げて袴を捻ったら外れた。

引き出し線の先をハンダメッキし組み付ける。接着にはセメダインスーパーXを使った。最高温度が120℃となっているが、UZ-42は微妙なところ。

足を再ハンダしたが引き出し線が短いらしく、うまく接続できないようで失敗。接着剤をフラックスリムーバーで丹念に取り除いた(だってそこにあったから)。


UZ-42_toshiba2.jpg
そこで撚り線をほぐして引き出し線にハンダし、また足をハンダ付けした。結果からいえばこれは失敗であった。ハンダの融点が高いものを使えば良いのかもしれない。継ぎ足した線が引き出し線から完全に離れなければ動いてしまっても良いので妥協した。


UZ-42_toshiba3.jpg
修理が完了した東芝のUZ-42。


UZ-42_toshiba4.jpg
今回修理した東芝のUZ-42(左)と先日修理したフタバのUZ-42(右)で試聴中。東芝のはやはりペンで叩くとノイズが出る場合があり、おそらく管内の電極の外れかかりかもしれない。正常に聴けるけど、いずれまた故障が起きるに違いない。大丈夫そうなのになあ。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

ナガヤマ
2021年12月18日 21:29
おんにょさんこんばんは、私の場合ですが、はかま部分とガラスの接着には硬化もゆっくりで高耐熱のシリコンが良かったです。はかまと真空管のトップ部を輪ゴムであっちこっち引っ張って真っすぐを見ながら硬化を待ちました。購入時から曲がった真空管ってありますよね。
おんにょ
2021年12月18日 21:46
ナガヤマさんこんばんは。耐熱シリコン良さそうですね。いまUZ-42の袴の接合部を放射温度計で測ったら最高でも80℃くらいでしたので大丈夫のようです。