5A6シングルアンプ・動作確認

5A6シングルアンプの配線チェックをする。RCA入力の抵抗値を測定したらボリュームの1番3番が逆になっていることがわかった。ボリュームをしばらくアンプに使っていなかったらこのざまだ。 間違っている配線。 ボリュームを外してシールド線をつなぎ直し、1番をGNDにした。 これが正しい配線。 再び配線チ…
コメント:0

続きを読むread more

5A6シングルアンプ・配線とCR取り付け

5A6シングルアンプの電源部平ラグに配線を取り付けて固定、結線する。 電源部を取り付け終わったシャーシ内部。 電源部の動作確認を行う。+Bに6kΩのダミーロードでAC102Vの時に+Bは270Vとなった。電圧増幅段に流れる電流を含まずにダミーロードの抵抗値を計算してしまったので+Bは低めに出たが問題なし。5A…
コメント:0

続きを読むread more

5A6シングルアンプ・組立開始

5A6シングルアンプの組立を開始した。最初にRCA端子を取り付けたのだが、Rch(赤)が下側になるようにした。SP端子は0 4Ω 8Ωを0がどちらにするかで悩んだが、後ろ側から見て0が左になるようにした。 外装パーツを取り付け終わったところ。使わないビス穴にはネジを止めて塞いである。 シャーシ内部。ボ…
コメント:0

続きを読むread more

5A6シングルアンプ・端子図作成

5A6シングルアンプのシャーシに電源部の平ラグ基板の固定穴を開けた。ところが電源トランスのボルトと電源部コンデンサのリードが接近し過ぎることが判明。電源トランスのボルトを短いものに取り替える。スペーサーにネジ溝がついており中々外れず交換に時間がかかった。 シャーシ内部はこんな感じ。うっかりアンプ部の平ラグを180度回転して…
コメント:0

続きを読むread more

Taylor Academy 12(レフティ)

実はこのアコギを入手してしまったのだった。以前現金を握りしめてエレアコ(ピックアップ付き)の12eを試奏したことがあったのだが、店員の執拗な攻撃(笑)に遭い緊張して試奏どころではなくなり購入する気が失せて買うのをやめたという経緯がある。 レフティはネット上に売りに出ている時が旬で、それを逃したらいつ入荷するかもわからない。オー…
コメント:0

続きを読むread more

5A6シングルアンプ・平ラグ基板作成

5A6シングルアンプの電源部とアンプ部の平ラグ基板を作成した。 こんな感じになった。フィラメント電源のブリッジダイオードの1本の向きを間違えてしまった。片方ずつコテで温めて引き抜き、曲がったリードを整えた後、ラグのハンダを吸い取り線で除去、再び正しい方向に挿してハンダ付けした。 反対側から見たところ。アンプ部…
コメント:0

続きを読むread more

5A6シングルアンプ・パーツが揃った

秋月電子通商と千石電商に発注したパーツが届いた。これでたぶん必要なパーツが全部揃ったことになる。 並べてみた。後はビス・ナット類と線材くらい。2SK117BLは選別治具でId=2mAにおけるVgs=-0.298Vと-0.299Vの2本を選んだ。これは電圧増幅段で利得の差を最小にするため。また、ツェナーの1N5383Bを1mA流して…
コメント:0

続きを読むread more

5A6シングルアンプ・平ラグパターン作成

5A6シングルアンプの平ラグパターンを作成した。電源部とアンプ部でそれぞれ20Pの平ラグを使う。この平ラグって値段が結構高いんだよね。 私は白紙の状態から平ラグパターンを考えるのが苦手でなかなか腰が上がらないのだが、ひな形があるとどこをどうしようというアイデアが湧いてくる。 電源部の平ラグパターン。+B・+B1電源と…
コメント:0

続きを読むread more

5A6シングルアンプの構想

5A6シングルアンプを作ろうかなと考えている。5A6は直熱5極管で71Aシングルアンプに5A6を挿して試聴してみたところ結果が良かった。 手持ち部品を活用して手軽に作ってみたい。出力トランスは解体したアンプから東栄変成器のT-1200を使う。 電源トランスは以前春日無線に特注したH27-02181が使えればと思う。こ…
コメント:2

続きを読むread more

71Aシングルアンプに5A6を挿してみる

手持ちのアンプに挿していない5A6を数えてみたら18本もあった。いつの間にそんなに溜め込んだ?それじゃあ71Aシングルアンプがあることだし、変換ソケットを組んで試聴してみようと思う。 変換ソケットの接続図。UXからMT9ピンに変換する。5A6にはフィラメント中点があるのだが、5Vを供給するので片方をカソード抵抗につなぐ…
コメント:0

続きを読むread more

300Bシングルアンプ・SBD交換完了

300BのDC点火の電解コンデンサと3端子レギュレータを壊してしまったので、新たに平ラグを組み立てた。下が外したDC点火ユニットで上が新たに組み立てたもの。電解コンデンサ4700uF10Vをうっかり産業用で発注してしまったら低ESR品より細かった。背の高さは同じ。 LchのDC点火ユニット。今度は間違えないぞ。 …
コメント:0

続きを読むread more

300Bシングルアンプ・フィラメント点火実験

前回はSBD出力の+-を逆に接続して電解コンデンサと3端子レギュレータを壊してしまったのだった。 千石電商からパーツを取り寄せて原状復帰する前に、SBDのD15XBS6に換装したらどうなるか実験で確認することにした。 赤字は実測値。再び平ラグを組み立てて実験したところ、3端子レギュレータの入力はDC7.8Vとなった。…
コメント:0

続きを読むread more

300Bシングルアンプ・SBDを交換したのだが…

300Bシングルアンプのフィラメント電源にはSBDのRBA-406B(60V4A)を使っている。ピーク順電流は40Aだ。LTspiceでシミュレーションしてみると、整流後のコンデンサにはピークで32.5A流れるという結果が出た。一応規格に収まっているが余裕がない。 最近SBDのD15XBS6(60V15A)を入手した。ピーク順電流…
コメント:0

続きを読むread more

45のDC点火・その2(追記あり)

前回の記事で使ったDC-DCのM1584は残念ながら不採用とした。出力電圧のADJ半固定を回すと電圧が変わりすぎるし、接点が浮いて7Vとか出たら45を断線させてしまうのが怖い。 aitendoのDC-DCは別のモジュールも入手していた。小さいので10円玉に乗せてみた。寸法は20mmx11mmx5mm。これはDC243ADJ…
コメント:0

続きを読むread more