71Aシングルアンプ2号機・塗装

71Aシングルアンプ2号機の塗装を始めた。まず仮組みを解体する。シャーシの保護ビニールを剥がし、リューターに付けたペーパーコーンで溶接跡やバリを削った。


71A_single_painting2.jpg
シャーシの削ったところが光っている。裏蓋は鋼板なので、洗剤で水洗いするだけ。この後浴室で#400のペーパーを使ってシャーシを水研ぎする。乾かしたらマスキング用の広告紙を貼り付ける。このあたり夢中だったので写真は無し。


71A_single_painting1.jpg
塗装に使うスプレー。下地にプラサフ、本塗装にいつものダーククレーマイカメタリック1E9、上地にクリアA-4。今回は艶出しに再挑戦する。


71A_single_painting3.jpg
駐車スペースでプラサフをスプレーしたところ。合間に赤外線ストーブで高温乾燥。大体1時間に1回の塗装のサイクルで行った。


71A_single_painting4.jpg
本塗装のスプレー後。


71A_single_painting5.jpg
クリアのスプレー後。プラサフを2回、本塗装を2回、クリアを3回吹いた。クリアは5cm位に近づけてスプレーする。すこし垂れてしまったが、水研ぎをするので失敗しなければOK。


71A_single_painting6.jpg
マスキング紙を剥がして高温乾燥が完了。しばらくこのまま自然乾燥させる。

次は課題の磨きを行う。水研ぎがうまくいくといいな。


スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント