71Aシングルアンプ2号機・カソードバイパスコンデンサ追加

71Aシングルアンプ2号機はカソードバイパスコンデンサを+Bに接続している。AC的に+BはGNDなのでこれでも構わないはず。別のアンプで実験した時に好印象だったので採用している。


71A_single_schematic4.gif
直熱管の場合は直接GNDに接続したほうが自分好みの音色になることが多いので、カソード~GND間に100μF160Vの電解コンデンサを追加してみた。回路図中のC15がそれ。


71A_single_crosstalk2.gif
残留ノイズは変わらなかった。変わるのはクロストーク特性と考えて調べてみたところ、高域でのクロストークが減少した。20Hz~20kHzでは-65dB以下となっている。

低域のクロストークの悪化は何か。LRチャンネルのチョークを並べているので電磁結合かと思い、苦労してアクリルケースを外し、チョークにショートリングを巻いてみたが変わらなかった。片方のチョークを90度回転させれば良いと思うがシャーシに傷がつくのが嫌なのでそのままとする。


71A_single_outside10.jpg
3階の自室で試聴してみた。前印象どおり清楚で普通に好音質だ。女性ボーカルに聴き惚れてしまう。パラレルフィードによるものなのか低音にパワーがあってしかも正しい低音という感じだ。


300B_single_amplifier.jpg
すこしだけ拙300Bシングルアンプと比較試聴してみたんだね。雰囲気や透明感、音場感はどちらも引けを取らない。300Bシングルアンプのほうがスケール感があるのは1Wと8Wの差だろうか。


4P1L_single_amp2.jpg
4P1Lシングルアンプとも比較試聴してみた。こちらは低音に量感があるが、倍音のせいだろうか。中高音に違いは感じられなかった。私の駄耳では目をつぶって聴いたら違いがわからないに違いない。

(2021.03.26追記)
71A_single_freq_capacitor1.jpg
カソードバイパスコンデンサ(GNDにのみ接続)有り無しの周波数特性を上記に示す。無しだと高域と低域でレベルが低下する。


71A_single_freq_capacitor2.jpg
カソードバイパスコンデンサの接続先をそれぞれGNDか+Bかで周波数特性を比較。特性は一致。


71A_single_freq_capacitor3.jpg
カソードバイパスコンデンサをGNDに接続したもの、+BとGNDにそれぞれ接続したものの周波数特性を比較。数Hzでわずかに違うのは容量が倍(200μF)になったためと思われる。まあ一緒と言える。
(追記ここまで)

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

klmnji
2021年03月26日 03:22
1つ質問があります。
C2 100u/400V の役目は何でしょうか?
71A のカソードを交流的に +B に接続する意味が理解できないのです。
これがなくても、交流信号はトランスの1次側を通ってループする様に思えるのですが。
おんにょ
2021年03月26日 17:55
klmnjiさんこんにちは。
信号ループの概念からはC2を付け外ししても変わらないはずなのですが、周波数特性を取ってみると高域と低域でレベル低下が見られました(ブログに追記)。このコンデンサの接続先がGNDであれ+Bであれ周波数特性は変わりません。