71Aシングルアンプ2号機・フィラメントDC点火実験

71Aシングルアンプ2号機のフィラメントDC点火実験を行った。71Aのフィラメント定格は5.0V0.25Aとなっている。これをLDO(ロードロップアウト)の3端子レギュレータでDC点火する。


71A_single_filament_power_experiment.jpg
実験風景。


71A_single_filament_power_schematic.gif
実測の電圧を赤字で示す。AC100Vが103Vと高め。TA4805Sの最小入出力電位差は電流が0.5Aのときに最大0.5Vとなっている。


71A_filament_power_waveform1.gif
C11の両端をオシロ観察。リプル分を除いたDC電圧は7.8Vで、LDOの出力は4.94Vなので2.9V確保できていることになる。これならAC100Vが低下したとしても問題無い値。


71A_filament_power_waveform2.gif
C11のリプル波形。値は0.84Vp-p(10:1プローブ)。

71Aのフィラメント電圧は4.94Vであった。残留リプルは実測0.18mVで十分低い。また、TA4805Sの発熱量は0.82Wとなり、小さなヒートシンクをつけておけばOKだ。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント