7C5 CSPPアンプ・7N7を7AF7に差し替えてみる

手持ちに7AF7が2本あるので差し替えてみようと思う。7AF7と7N7はピン配置が同じでヒーター電流などが異なっている。7N7は6SN7GTと特性が同じだが、7AF7は12AU7に近いかんじ。

7AF7 6.3V0.3A μ=16 2100μmhos
7N7 6.3V0.6A μ=20 2600μmhos

7C5_CSPP_outside8.jpg
とりあえず差し替えて聴いてみようというわけで、試聴したのだが私の駄耳では7N7と7AF7で区別がつかなかった。

そこで特性はどんなものなのか、調べておくことにした。もし特性が良かったら、最終的に7AF7を採用しようと思う。


7C5_CSPP_schematic_7AF7.gif
最初に実測した電圧を赤字で示す。


7C5_CSPP_characteristic3.gif
諸特性を上記に示す。7AF7はカスコード段に使っているので殆ど差は出なかった。ドライブ能力の差なのか出力はすこし低くなった。消費電力は4W程度減った。


7C5_CSPP_freq_Lch_NFB_7AF7.gif
アナログディスカバリーで測定したLchの周波数特性。


7C5_CSPP_freq_Rch_NFB_7AF7.gif
こちらはRchの周波数特性。


7C5_CSPP_freq3.gif
マニュアル測定した周波数特性。7N7の場合と殆ど差は無い。


7C5_CSPP_crosstalk2.gif
クロストーク特性。残留ノイズが左右チャンネルで同じだったので2本の線が揃った。20Hz~20kHzでは-78dB以下。


7C5_CSPP_distortion_Lch1.gif
クロストーク特性の測定までは良かったのだが、Lchの歪率特性は小出力でうねるヘンテコなカーブになった。


7C5_CSPP_distortion_Rch1.gif
Lchはたまたまだと思ってRchを測定したら同じカーブだった。一体これは何なんだろう?

以前にも同じような特性が別のCSPPアンプであったような気がするのだが思い出せない。このカーブを見たら7AF7を採用する気が失せた。7N7で十分なんじゃね?

というわけで今回は備忘録として残しておくことにした。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント