7C5 CSPPアンプ・回路変更

+B1の動作チェックの時に、電圧増幅段は半導体だと勘違いしてしまった。実際はFETと3極管のカスコードで、3極管がヒートアップするまで電圧増幅段に電流が流れない。+B1が無負荷の状態だと500V以上になる恐れがある。JJのブロック電解コンデンサの耐圧は500Vなので、規格を超えてしまうかもしれない。


6T9_CSPP_power_schematic.gif
上記は元にした6T9 CSPPアンプの電源部。+B1はコンデンサが2階建てでブリーダー抵抗を入れている。これを手持ちがあるからと平屋にしたのが間違いだった。


VNH0505623_1.jpg
調べてみると、JJのブロック電解コンデンサには規格が560VのVNHというシリーズが存在することがわかった。500V耐圧のコンデンサに2個追加して2階建てにするのは嫌なので、このコンデンサに交換する。


7C5_CSPP_power_schematic0.gif
LTspiceでシミュレーション回路を組んでみた。


7C5_CSPP_power_waveform01.gif
AC100Vでの値でシミュレーションしているが、それ以上だと電源オン後に3極管がヒートアップするまで500Vを超えてしまう。


7C5_CSPP_power_waveform0.gif
加えて、電源オフ(ここでは20秒)後にヒーターが冷えると電圧がなかなか落ちていかない。


7C5_CSPP_power_schematic1.gif
シミュレーション回路のブリーダー抵抗を200kΩとし、CRフィルタの前に入れた。


7C5_CSPP_power_waveform3.gif
電源オフ後2分程度で数Vまで落ちることがわかった。


7C5_CSPP_power_schematic2.gif
というわけで修正した電源部の回路図を上記に示す。R23は手持ちの抵抗の関係で変更した。


7C5_CSPP_schematic4.gif
全体回路図を上記に示す。

組み上がってうっかり電源オンする前に気がついて良かった。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント