71Aシングルアンプ2号機・平ラグ基板作成

前回の平ラグパターンに基づき、71Aシングルアンプ2号機における回路それぞれの平ラグ基板を作成した。


71A_single_hiraragu_power1.jpg
+B電源部の平ラグパターン。


71A_single_hiraragu_power2.jpg
作成した平ラグ基板。FETはシャーシに止めて放熱する。1N5386Bは1.2mA流した時のツェナー電圧が近い2本を選別。揃える意味は無いが、電圧が揃っていたほうが気持ちが良いから。


71A_single_hiraragu_power3.jpg
反対側から見たところ。


71A_single_power_schematic.gif
+B電源部の回路。


71A_single_hiraragu_amp1.jpg
アンプ部の平ラグパターン。


71A_single_hiraragu_amp2.jpg
作成した平ラグ基板。FETは解体した6SN7ppアンプからId=2mAにおけるVgsが揃った2本を使用。これは左右チャンネルで電圧増幅段の利得を揃えたいから。47kΩ1Wの抵抗も値が近い2本を選別している。また2SC2752KはLCR-T4で同じhFEのものを4本使った。


71A_single_hiraragu_amp3.jpg
裏側から見たところ。ジャンパー線はハトメ部でハンダ付けすると、端子に配線をハンダ付けした際に外れない。


71A_single_amp_schematic.gif
アンプ部の回路。


71A_single_hiraragu_filament_power1.jpg
フィラメント電源の平ラグパターン。


71A_single_hiraragu_filament_power2.jpg
作成した平ラグ基板。3端子レギュレータには小さいヒートシンクを抱かせた。ヒートシンクを含めた高さが40mmあって底蓋につかえてしまうので、黄銅スペーサーを10mmから7mmに取り替えた。


71A_single_filament_power_schematic1.gif
フィラメント電源の回路。

これで平ラグ基板の作成は終了。次はパーツを並べてレイアウト図の確認~穴開けを行う予定。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント