7C5 CSPPアンプ・組立開始

シャーシへ外装パーツを取り付ける前にOPTのケーシングを行った。OPTに厚紙を巻いてケースに押し込んで、動かなくなったらOK。 OPTに配線を取り付け、厚紙をカットする。 OPTに厚紙を巻きつけてケースに入れる前。 2個ともケーシングが完了。説明は簡単だけど手間がかかっている。 この後はシ…
コメント:0

続きを読むread more

7C5 CSPPアンプ・塗装

7C5 CSPPアンプのシャーシと裏蓋の塗装を始めた。まずバリやケガキ線、溶接跡をペーパーコーンを付けたリューターで削った。 浴室にて#1000のペーパーで縦横斜めに水研ぎ。疲れたのでシャーシ本体の水研ぎがいい加減になった。乾かした後、マスキング用の広告紙をカットして貼り付ける。 塗装に使うスプレー。下地…
コメント:0

続きを読むread more

7C5 CSPPアンプ・仮組み

7C5 CSPPアンプのシャーシと裏蓋の加工が終わったので仮組みをしてみた。 特に問題なく組めることがわかった。シャーシの高さが気になるけれど、サイドウッドをつけたらあまり気にならなくなった。このシャーシは標準シャーシ(鋼板製)と寸法がほとんど同じ。 ただ中国製のロクタルソケットに7C5を挿す時に非常に固いのが気にな…
コメント:0

続きを読むread more

Analog Discovery 2によるアンプの特性測定

Analog Discovery 2がAmazonで税込み33,000円弱となっていたのでついポチってしまった。以前から欲しいと思っていたのだ。1Hzから周波数特性を測りたい。それに位相特性を測りたい。 アンプを接続するのにBNCコネクタボードを購入。ACアダプタは手持ちの5V2.5Aのを使おう。 PCにはWav…
コメント:0

続きを読むread more

7C5 CSPPアンプ・裏蓋の作成

感電防止とシャーシの強度アップ、ゴム足の取り付けなどの観点から拙アンプには裏蓋をつけることにしている。 裏蓋は横山テクノにお願いして切り売りしたものを購入。A5052の厚さ1.2mm、298mm×196mmとした。 裏蓋の固定穴を開けるのに、ガラス板2枚をマスキングテープで貼り付けてシャーシに乗せ、油性ペンで穴開け位…
コメント:5

続きを読むread more

7C5 CSPPアンプ・シャーシの加工完了

前回のシャーシ加工のつづき。真空管ソケットやブロック電解コンデンサ、OPTの大穴を開ける。 サークルカッターで開けているところ。回していると何回か刃が食い込んでしまい、ツマミを戻して再度刃を下げていく必要があった。たぶんハンドルを水平に回せていないんだと思う。それにしても力は要らないし加工中は静か。再販してほしいと思う。 …
コメント:0

続きを読むread more

7C5 CSPPアンプ・シャーシの穴開け開始

7C5 CSPPアンプのシャーシの穴開けを始めた。穴開け図を印刷してシャーシに貼り付け、定規とカッターで罫書く。センターにオートポンチでマーキングする。 電源トランスの角穴から始めた。ステップドリルで穴を開けた後、ハンドニブラーで齧って穴を広げ、コッピングソーで一周くり抜いた。 平ヤスリで端面を整えた。穴…
コメント:2

続きを読むread more

7C5 CSPPアンプ・レイアウト確認

6T9 CSPPアンプを解体した。主要なパーツを7C5 CSPPアンプに流用する。解体していて配線の多さが気になった。7C5 CSPPアンプでは同じかもっと多い配線が必要となる。その点シングルアンプは本数が少なくていいよね。 レイアウト図を印刷しシャーシにパーツを乗せてみる。電源トランスやブロック電解コンデンサがひっく…
コメント:0

続きを読むread more

7C5 CSPPアンプ・平ラグパターン作成

7C5 CSPPアンプの平ラグパターンを作成した。CRや半導体の殆どが平ラグに乗るので、平ラグ基板を作成すれば配線が主な作業になる。 備忘録なので、平ラグパターンと回路図を載せて照合できるようにした。レイアウト設計で予定した平ラグのピン数に合わせて平ラグパターンを決めてある。 アンプ初段。 アンプ初段の…
コメント:0

続きを読むread more

7C5 CSPPアンプ・レイアウト設計

当初は(株)奥澤のアルミシャーシO-40(W330mm×D220mm×H50mm t1.5mm)でやってみたんだね。ところがシャーシ上が閑散としてしまう。私は平ラグに半導体やCRを並べるので、シャーシ内で平ラグがスペースリミットすることが多い。 横幅は300mmでOKだが、真空管を前後2列に並べるのなら奥行きが200mm程度必…
コメント:0

続きを読むread more

7C5 CSPPアンプの構想

6Z-P1シングルアンプが完成したばかりなのだが、もう次のアンプの構想を練っていたりする。 これは6T9 CSPPアンプなんだけど、トランスに比べて真空管の背が低くてデザイン的にバランスがとれていないのが製作当初から気になっていた。OPTのトランスケースが大きすぎるんだね。 トランスケースを被せない状態だとこ…
コメント:0

続きを読むread more

6Z-P1シングルアンプ・完成

それは42シングルアンプ2号機に6Z-P1を挿してみることから始まった。6Z-P1のヒーターは6.3V0.35A。Ep maxは250V、Eg2 maxは180V。Pp maxは4.0Wとなっているが松下は3.5W。ピン接続は42と同じでソケットはUZ。 +Bが高いので電源トランスのタップを変更、カソード抵抗を3.5kΩとした…
コメント:0

続きを読むread more

6Z-P1シングルアンプ・特性測定

6Z-P1シングルアンプにNFBをかけてみた。6dBとなるR8の値は1.5kΩだったので仮決定。 諸特性を上記に示す。DFは1.2から3.5まで上がった。 無帰還での周波数特性。130kHzあたりに軽い段差があるものの240kHzまで素直な特性だ。ただパラレルフィードなのに低域の落ち込みが大きいのは6Z-…
コメント:0

続きを読むread more

謹賀新年

謹賀新年 本年もよろしくお願い致します 私の場合は元旦に昨年製作した真空管アンプを振り返ることにしている。相変わらず製作意欲があるし、昨年の新作アンプは5台であった。コロナ禍の中、パーツの購入をネット通販に頼ればこの趣味は人と直接接触せずに楽しむことができるのがメリットだろうか。 (1) 6P3S CSPPアンプ 何回…
コメント:0

続きを読むread more