7C5 CSPPアンプ・平ラグ作成

7C5 CSPPアンプの平ラグを作成した。それぞれアンプ部4枚(初段と出力段)、+B電源部、+B1電源部、-C電源部の全部で7枚。

最初にジャンパー線を、リード線の端切れでホチキスの針のように作る。次に平ラグに乗るパーツを集めてテスターで値を確認、リードをフォーミングする。AWG24の撚り線でジャンパー線を作成。FETなどの短いリードには予備ハンダをしておく。

1つのラグの穴に全てのパーツのリードを差し込んでからハンダ付けする。ハンダ付けの際には白手袋をはめるとリードを直接持っていても熱くない。リードの片方を仮ハンダすると動かなくなるので、体裁を整えた後もう一方をハンダ付けし、仮ハンダしたほうをちゃんとハンダ付けする。ジャンパー線や配線の仮固定には短くカットしたマスキングテープを使う。


7C5_CSPP_hiraragu_amp3.jpg
アンプ初段。2SK117は選別が必要だが、6T9 CSPPアンプから外したFETのペアを使った。


7C5_CSPP_hiraragu_amp1.jpg
アンプ初段の平ラグパターン。


7C5_CSPP_schematic_amp1.gif
アンプ初段の回路。


7C5_CSPP_hiraragu_amp4.jpg
アンプ出力段。


7C5_CSPP_hiraragu_amp2.jpg
アンプ出力段の平ラグパターン。


7C5_CSPP_schematic_amp2.gif
アンプ出力段の回路。


7C5_CSPP_hiraragu_B_power1.jpg
+B電源。2SK3234は平ラグと共締めし、シャーシに固定して放熱する。


7C5_CSPP_hiraragu_B_power2.jpg
反対側から見たところ。


7C5_CSPP_hiraragu_B_power.jpg
+B電源の平ラグパターン。


7C5_CSPP_schematic_B_power.gif
+B電源の回路。


7C5_CSPP_hiraragu_B1_C_power1.jpg
+B1電源(右)と-C電源(左)。


7C5_CSPP_hiraragu_B1_C_power.jpg
+B1電源と-C電源の平ラグパターン。


7C5_CSPP_schematic_B1_power.gif
+B1電源の回路。


7C5_CSPP_schematic_C_power.gif
-C電源の回路。


7C5_CSPP_schematic3.gif
パーツの入手の都合で回路のディメンジョンがすこし変わった。120kΩ2Wの酸化金属皮膜抵抗は無いので100kΩ2Wとし、利得の減少分をFETソースに入れた抵抗51Ω→30Ωに変更した。

ここまでくれば後は目が疲れて肩がこる配線だなあ。ボチボチやろう。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント