6Z-P1シングルアンプ・平ラグ作成

6Z-P1シングルアンプの平ラグを作成した。
6Z-P1_single_hiraragu_power1.jpg
まずは+B電源部から。FETはシャーシに固定する。


6Z-P1_single_hiraragu_power2.jpg
100Vのツェナー1N5378Bは2mAでの降伏電圧で選別した。左右チャンネルで電圧があまりに違っていると気持ち悪いので。揃えることには殆ど意味がないけど。


6Z-P1_single_hiraragu_power.jpg
+B電源部の平ラグパターン。


6Z-P1_single_hiraragu_amp1.jpg
アンプ部の平ラグ。


6Z-P1_single_hiraragu_amp.jpg
アンプ部の平ラグパターン。

薄手の白手袋をしてパーツのリードを持てばハンダ付け時でも熱くない。マスキングテープを短くカットすればパーツの仮固定に使える。トランジスタなどの短いリードには、予備ハンダをしておくと接触が確実になる。

あとは配線作業が主体になる。ボチボチやろうと思う。


6Z-P1_single_outside3.jpg
ふと思って6Z-P1を挿してみた。わかってはいたけど袴の6Z-P1の文字が横を向いてしまいイマイチな雰囲気に。あと4個穴を追加工して正面を向くようにするか。今ならまだ間に合う。


6Z-P1_single_outside4.jpg
ソケット穴を4個開けて90度回転し、6Z-P1の文字が正面を向くようにした。解体して穴開けし、組み立てたのでシャーシの傷が増えたのは致し方ない。

6Z-P1_single_jittaizu1.jpg
ソケットが回転したので実体図(もどき)を修正。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント