300Bシングルアンプ・試作機を解体

天気が安定してきて爽やかに晴れるようになった。風も殆ど吹かないので塗装にはベストコンディションだ。

やりたい実験を思いつかないし、音質的にもいいだろうと300Bシングルアンプ試作機を解体した。シャーシと裏蓋、電源トランスの上下カバーを塗装する。


300B_single_parts.jpg
数時間でバラバラになった。端子のハンダはSPPONで大まかに吸い取り、ハンダ吸い取り線できれいにした。

300Bソケット周りのCRや配線を外す必要はなかったが、もう1度配線するときれいにできるので敢えて外した。高圧のかかる立ラグは絶縁低下が気になるので基本的には再利用しない。

さて、塗装準備をしよう。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

面白い
ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント