300Bシングルアンプ・電源電圧の変動に対するプレート電流の変化 その2

先日の拙記事で電源電圧の変動に対するプレート電流の変化を見積もったが、長島さんよりR27(100kΩ)とシリーズにツェナーを入れると300Bプレート電流を安定化できるとのアドバイスを頂いた。


300B_single_schematic4.gif
現状の回路を上記に示す。


300B_single_power_schematic1.gif
回路をフィッティングし、ツェナーD13(51V)を入れR27(100kΩ→68kΩ)、R29(39kΩ→36kΩ)としたところ、AC95V~AC105Vの電源電圧変動に対するプレート電流の変化は1mAに抑えられることがわかった。


300B_single_amp_simulation_schematic1.gif
シミュレーション回路。V6(+B)とV2(電源トランス190Vタップ)を変化させる。


300B_single_AC100V_vs_Ip_current2.gif
ツェナー追加でのプレート電流の変化をプロットした。拙宅のAC100V変動(99V~103V)でのプレート電流変動は0.3mAに収まっている。この程度であればほぼ安定といえるだろう。

あくまでシミュレーション上だから実際は少々異なると思うけど、ツェナーを2本追加するのと抵抗4本の値変更だけで済むのなら、やってみても良いかもしれない。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント