6DE7シングルアンプ・動作確認と特性測定

簡単に配線チェック後に6DE7を挿して電源投入。カソード電圧を監視する。AC100Vが98V前後しかないのでカソード電圧が88Vの設計値のところを86V位で安定した。

各部の電圧に設計値とかけ離れたところがないことを確認。SP端子にDMMをACレンジにして接続、RCA端子に指を触れて電圧が上昇するのを確認。動作一発OKだ。


6DE7_single_schematic4.gif
各部の電圧を測定。猛暑によるエアコンのフル稼働のためかAC100Vが98V程度しかないので各部の電圧が低め。


6DE7_single_characteristic4.gif
諸特性を測定。実験機と大差なし。出力は電源電圧が低めのせいか実験機より低くなった。


6DE7_single_freq4.gif
周波数特性。低域のレベル低下があるが、高域は伸びており150kHzまでは素直だ。


6DE7_single_crosstalk2.gif
クロストーク特性。20Hz~20kHzでは-66dB以下となっている。


6DE7_single_distortion_Lch3.gif
Lchの歪率特性。110Hzが悪めだが2次歪み主体の直線状となっている。


6DE7_single_distortion_Rch3.gif
Rchの歪率特性。Lchとほぼ同じ。


6DE7_single_waveform.gif
(10kHz方形波、ダミーロード8Ωでの出力2Vp-p、100mV/div(プローブ10:1)、20μS/div)
SP端子に0.047μF~0.47μFのコンデンサをつないで方形波観測し、ダミーロードをオンオフしてみるが発振の兆候は見られず安定していた。

特性を調べた限りでは問題なかった。


6DE7_single_outside16.jpg
サイドパネルを貼り付けてトランスの傷防止用テープを剥がしすっぴんの状態に。試聴で問題なければこれで完成だ。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント