6DE7シングルアンプ・シャーシ加工

6DE7シングルアンプのシャーシ加工を始めた。


6DE7_single_chassis1.jpg
穴開け図を印刷し定規とカッターで罫書き。オートポンチで案内穴をマーキング。これで穴のズレがほぼ決まってしまうので正確に。ズレた案内穴を修正する姑息な手段はこちら


6DE7_single_chassis2.jpg
電源トランスの角穴はコッピングソーで開けた。平ヤスリで4辺を整える。


6DE7_single_chassis3.jpg
ロッカースイッチとACインレットの角穴を開けた。ロッカースイッチはノギスで測りながら13.0mm×19.2mmに正確に開けた。


6DE7_single_chassis4.jpg
後面の穴開けが完了。


6DE7_single_chassis5.jpg
サークルカッターでMTソケットの穴を開けているところ。


6DE7_single_chassis6.jpg
放熱穴を開けているところ。下穴(私の場合は径3.2mm)を開けた後、ズレを丸ヤスリで修正しておくとステップドリルで穴ズレが生じない。ドリルスタンドのレバーを下まで押し下げた状態で希望の穴径となるように高さを調整すると穴径のミスが起こらない。

穴開けのコツは、前述のオートポンチの案内穴を正確にすることと、穴開け中に被加工物がぐらつかないこと、貫通したドリルを抜く時に被加工物が一緒に持ち上がることがあるので注意すること。切削液を使うこと。私はLenox Protool Lubeを使っている(下にリンクあり)。これは水溶性なので加工後に水洗いするだけで良い。


6DE7_single_chassis7.jpg
全部の穴開けがおわった。


6DE7_single_chassis8.jpg
反対側から見たところ。


6DE7_single_chassis9.jpg
ACインレットの穴は八角形にするつもりだったが、インレットが入らないので2辺だけ角R加工になった。

この後は仮組みでパーツの干渉や穴位置の確認を行い、シャーシ塗装を行う予定。

LENOX(レノックス):プロツールルーブ(PTL-1/1本) T68085-1
LENOX(レノックス):プロツールルーブ(PTL-1/1本) T68085-1

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント