6DE7シングルアンプ・OPT換装後の特性

OPTをOUT-54B57からPMF-5WSに換装した時の特性を測定した。


6DE7_single_characteristic3.gif
諸特性。じつは左右チャンネルの利得を揃えるために7本の6DE7を取っ替え引っ替えしたので細かいところで違っているが、周波数特性の低域を除き、基本的にはOPT換装前後で特に変わったところはなかった。


6DE7_single_freq3.gif
周波数特性。低域の落ち込みがOUT-54B57より早いのは、PMF-5WSのインダクタンスがOUT-54B57より小さいためと思われる。高域は小さなピークはあるものの、200kHzまでは素直に落ちている。


ちなみにPMF-5WSの重畳DC電流30mA、50Hzにおけるインダクタンスは13H。https://65124258.at.webry.info/201801/article_17.html OUT-54B57の同条件でのインダクタンスは13.4H。 https://65124258.at.webry.info/201509/article_16.html


6DE7_single_distortion_Lch2.gif
Lchの歪率特性。OPT換装前後でほぼ同じ曲線を描いている。1kHzでの歪率5%での出力は1.3Wだった。


6DE7_single_distortion_Rch2.gif
Rchの歪率特性。こちらもOPT換装前後でほぼ同じ曲線を描いている。1kHzでの歪率5%での出力は1.4Wだった。


6DE7_single_schematic3.gif
現状の回路図。+B電圧が設計より高く出たので見直した。

特性的にはあまり秀でたところはないが、試聴ではダイナミックなサウンドで中高域がクリア、低域はパンチがあるといった印象。

また1台増えちゃうけど本番機として製作するか。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント