いったいどうなっておるのだ?

6DE7.jpg
6DE7というテレビ用の垂直発振出力管でなんでこんなにスッキリした音が出るのだ?しかもPMF-5WSという安価な出力トランスだというのに。


6DE7_single_schematic3.gif
ニアフィールドの小音量で聴くかぎり、CSPPだの差動アンプだのを聴感で凌駕しているのを感じる。回路に頼っても、物理特性を良くしても、こんな音※が出てしまうと意味がなくなるように思える。※自社比

私がよく聴くニューエイジという音楽のジャンルではもうこれで十分だ。高価な3極直熱管を使ってもこんな音は私には出せない。


6DE7_single_inside5.jpg
パーツなんて高価なものは一切使ってない。ニチコンや東進工業の電解コンデンサ、KOAの金属皮膜抵抗、タクマンの酸化金属皮膜抵抗など。オーディオ用なんて要らない。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント