47シングルアンプ・配線開始

47シングルアンプの配線を開始した。まずAC1次配線を行う。電源トランスへの配線は結局シャーシの側面をぐるっと回すことにした。電源を投入して電源トランスの電圧を確認。無負荷なので高めに出るがOK。続いて47へのフィラメント配線。AC点火なので直接配線するだけだから楽だ。


47_single_inside4.jpg
まだ配線は始まったばかり。


47_single_outside8.jpg
47を挿して点灯式を行う。フィラメント電圧はAC103Vの時2.56Vだった。AC100V換算では2.49Vとなり問題なし。


47_single_inside5.jpg
次は+B電源基板へ配線する。終わったら+Bにダミー抵抗4.5kΩを接続して+B電源の確認。


47_single_inside6.jpg
AC101.5Vの時に+B電圧は331VとなりAC100V換算では326V、336Vの設計に対し低めに出た。電圧調整用の抵抗R11を75kΩから63kΩに減らしたらAC101.0Vの時の+B電圧は335Vとなり、AC100V換算では332Vで設計より4V程度低いがOKとした。63kΩという中途半端な値なのは47kΩ+16kΩで、62kΩが手持ちに無かったため。


47_single_power_schematic.gif
電源回路に赤字で電圧を記入した。これで問題なさそう。

配線の作業は目が疲れてまぶたがピクピクする。だから1日の作業量を減らしてゆっくり配線することにする。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント