47シングルアンプ・平ラグ作成

47シングルアンプの+B電源部とアンプ部の平ラグを作成した。始めに+B電源部から行った。100Vツェナーの1N5378Bは2mA流した時の電圧が2本で近くなるように選別した。LRチャンネルで電圧があまりに違っていると気持ち悪いので。


47_single_hiraragu_power.jpg
+B電源部の平ラグパターン。


47_single_hiraragu_power1.jpg
完成した+B電源部の平ラグ。


47_single_hiraragu_power2.jpg
裏側から見たところ。FETは金属スペーサーでシャーシに共締めする。

次にアンプ部の平ラグを作成。2SK117BLはFET選別治具でIdが1.3mAにおけるVgsが-0.340Vと-0.341Vの2本を選別。これはLRチャンネルで電圧増幅段の利得が違っているのを避けるため。また、2SC3790はLCR-T4でhFEが145のものを4本選別。カスコードとエミッタフォロアではhFEの違いは特に問題にならないが、ただ揃えたかったから。


47_single_hiraragu_amp.jpg
アンプ部の平ラグパターン。

47_single_hiraragu_amp1.jpg
完成したアンプ部の平ラグ。

平ラグを作成していて気づいたのが、白手袋をしてハンダ付けすると、リードを持っていても熱く感じないということ。せいぜい3秒程度の加熱では、白手袋を通して熱が伝わらない。白手袋はホームセンターに売っているやつを使っている。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント