次期真空管アンプ構想

4P1Lパラシングルアンプが完成したばかりなのにもう次のアンプのことを考えている。いいかげん真空管アンプを製作するのをやめてブログも凍結したらどうかと思うのだが、趣味をアコギの弾き語り練習ばかりに集中していられない。指をいたわってあげないと腱鞘炎になってしまう。製作意欲があるうちはそのまま続けて真空管アンプがあふれかえっても仕方ないのかなあ?

今は4P1Lパラシングルアンプで聴いているけれど、先日近くにあった6DN7シングルアンプに替えて比較試聴してみたんだね。悲しいことに私の駄耳では何となく違いはあるけれど同じような音色の傾向を感じる程度でしかなかった。

直熱管と傍熱管の違いがあってもそれ特有の音色は感じられない。回路が違うから音色が違って当然なのだけど、自分でチューニングすると自分の好みの音色へ持っていくから殆ど同じになってしまう。

自分の好みの1台を製作するというのなら次から次へそうする必要はない。でもいろんな駄球を使ってどんな音色なのか確かめるのは面白いものだし止められない。

47x2.jpg
さて、今度製作予定のアンプは47シングルアンプだ。47用に、特別に電源トランスを用意した。OPTはOPT-S14を考えていたのだけど、1次インピーダンス10kΩで使うと3結では出力が1.5W程度しか出ない。かといって7kΩではインダクタンスが不足して低域がプアになる。

春日無線で特価セールをやっていた時に入手したKA-8-54P2があるのでパラレルフィードで使ったらどうか。1次インピーダンス8kΩなら1.8W近く出るだろう。インダクタンスはチョークコイルでリミットしてしまうけれど東栄変成器のCH-3030Zはどうかと考えている。

私が入手したのはST-16の47だから、それに見合うトランスケースを用意する。中は見掛け倒しのKA-8-54P2が収まるわけ。ただパラレルフィードの低音は出過ぎというくらい出るので音の心配はないはず。

こうやってアンプの構想を考えるのは面白いよね。お金はかからないしどんな音が出てくるか想像するのは良いものだ。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

きん
2020年04月21日 12:33
相変わらず素早いですね。\(^o^)/
OPTですが、Aritoさんのを検討されるお考えはありますか?
インダクタンスが大きくて低音が出やすい上に、多量のNFBもかけられそうなので小出力の多極管シングルに最適なのではと思っています。
おんにょ
2020年04月21日 19:03
きんさんこんばんは。
今のところ計画中の真空管アンプにフィットするAritoさんのOPTはありません。47シングルアンプは手持ちのプッシュプルOPTでパラレルフィードを考えています。
ひでほ
2020年04月23日 12:46
真空管アンプは麻薬ですね。小生もいろいろ用事があり6094CSPP今年はじめて製作、すぐにE2dシングル作製、そして45パラレルf製作中です。側面版にキズがついていたので、いま自動車やさんで塗装してもらっています。WE416LINEとかTV球のPPとか300Bなどすでにトランス買っちゃって、実験で余ったへんなタップだしてるPT2こいちでなんかやろうかと妄想中です。45は高いし、最近46も値上がり、、47は安くていいです。期待しています。トップP、とらうまでNGなんですよね。もったいない
おんにょ
2020年04月23日 18:52
ひでほさんこんばんは。
私は1つの作品を製作してから次の作品のパーツ購入が基本ですので、あまりトランス類を溜め込むことはありません。47はヤフオクでは5,000円前後、作例が少ないのに直熱管というだけで希少とされているようです。