4P1Lパラシングルアンプ・平ラグ基板作成その2

平ラグ基板の作成前に2SK117BLの選別を行った。これは左右チャンネルの初段での利得を揃えるため。FET選別治具を使ってId=1.9mAにおけるVgsが-0.303Vの2本を選別。値が2本揃っていればOK。

また、2SC3790はLCR-T4でhFEが141の4本を選別した。LCR-T4はhFEの低いTrなら精度良く選別ができる。カスコード段のTrはhFEが揃っていたほうが良いからで、エミッタフォロアのTrは選別する必要はない。


4P1L_parasingle_hiraragu_amp2.jpg
出来上がったアンプ部平ラグ基板。1枚目の作成中に間違って100Ωではなく1kΩを取り付けてしまい、修正した。さすがに2枚目は間違えなかったけど。


4P1L_parasingle_hiraragu_amp1.jpg
アンプ部の平ラグパターン。

これで平ラグの作成が全部済んだことになる。次は電源トランスとチョークコイルの塗装かなあ。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント