6P3S CSPPアンプ・DCバランス確認

6P3S CSPPアンプは完成以来2週間で毎日稼働しているが、DCバランスがどうなっているのか気になっていた。


6P3S_cspp_schematic4.gif
回路図を上記に示す。DCバランスの調整箇所は2つあって、それぞれ6N23Pと6P3Sの電流を上下で等しくなるようにする。


6P3S_cspp_inside9.jpg
DCバランスを確認しているところ。

結果は6N23PがLch 0~0.05V、Rch 0.3Vだった。プレートチョークKL10-05の許容不平衡DC電流は自主基準を設けており、2mA以内に収まっていれば良しとしている。即ちプレートチョークの1~3端子間で1.74V以内ならOK。Rchの0.3Vでは0.17mA。両ch共に基準内に収まっており問題なし。

6P3SのDCバランスはR21とR22の620Ω間で測定してLch 0.05V、Rch 0.04Vだった。こちらも問題なかった。

真空管のエージングによってはアンバランスになることが考えられるが、私の使い方ではまず問題ないだろう。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント